私立高校に通うための就学支援金が引き上げに【2020年から】


・就学にかかる費用が高いから、私立には行かせられない
・支援金、奨学金があるのは聞いたことあるけど、詳しくはよくわからない


こういったことを思っている方がいたら、もしかしたら当てはまる話かもしれません。
2020年4月より、「高等学校等就学支援金制度」が改正されることが、文科省から発表されています。

文科省HPへのリンクはこちら


注意点は以下です。

・世帯収入によって、支援額が異なります
・これとは別に都道府県によって、独自の支援制度があります
・入学後、学校を通しての申し込みになります
・在校生にも適用されます


収入額、居住の都道府県、かかる授業料を踏まえた支援額のシミュレーションができるページがございますので、ご関心のある方はぜひご確認ください。
支援額シミュレーションはこちらから


・入学時までにかかる費用が用意できるか不安
・制度に興味があって見てみたけどよくわからない

という方がいらっしゃいましたら、出来るかぎりでのご説明や、自治体の相談窓口へのおつなぎをしますので、下記までお問い合わせください。
※お返事にお時間をいただくことがございますが、何卒ご了承ください。
※電話で対応できるスタッフが限られていますので、できればメールでいただけると助かります。

plat@diversitykobo.org
047-718-2330


written by 武笠隼士


◆◇◆団体概要◆◇◆
NPO法人ダイバーシティ工房
わたしたちは、「すべての子ども達が多様な価値観に出逢い自立して生きていける社会」を目指し、学習支援と相談支援を行なっています。
家庭状況と個別の特性に合わせた学びの機会の提供、相談援助を行い、生きづらさの軽減と、一人ひとりの成長をサポートしていきます。
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

●"それぞれの子どものペースを第一にした指導"
1対1の個別指導塾 「自在塾」

●“勉強が苦手な子どもでも楽しく通える”
2対3までの個別学習・活動プログラム 「放課後等デイサービス プラット」

●“あたたかい人と、ごはんがあるから勉強できる”
食事付き無料学習教室 「学習教室プラット」

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

最後までお読みいただきありがとうございます。 これからも、活動を継続してまいりますので、応援したいと思ったら、ぜひ「スキ」のボタンをポチッと押していただけると、励みになります! サポートをいただけることも、とっても嬉しいです。

1

NPO法人ダイバーシティ工房

私たちは「すべての子ども達が多様な価値観に出逢い自立して生きていける社会」を目指し学習支援と相談支援を行なっています。家庭状況と個別の特性に合わせた学びの機会の提供、相談援助を行い、生きづらさの軽減と一人ひとりの成長をサポートしていきます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。