僕の若林さんの好きなところ

 東京に住んでいた頃、深夜によくラジオを聴きながら散歩していた。甲州街道でスヌードを顔まであげて、すれ違う人や車に笑っているのがバレないように歩いた。去年、群馬に引っ越してからも同じように深夜1時に外に出たのだが、あまりの暗さに愕然とした。

 近所の住民はもれなく静かに眠っていたし、街灯という文明はなかった。星が綺麗に出ているのだろうけど、僕は視力がヨワヨワなのでそれすらも見えなかった。細い道の両端にある田んぼでは蛙がゲロゲロと鳴いていた。ヘリが飛んでいるのかと思うくらいいつもうるさかった。ゲロゲロ。

 それでも深夜の散歩は大切なルーティンなので、田んぼに落ちないように慎重に道を覚えた。抜き足差し足で歩いていると、子供のころにやったポケモンを思い出した。ゲーム音痴の僕は洞窟で「フラッシュ」を使わず暗闇ですぐに迷子になった。壁にガツンガツンぶつかりながら技ポイントをいたずらに消費して、そのうち野生のズバットあたりに負けてゲームボーイの電源を切っていた。なんて難しいゲームなんだろう、と思った。友達に相談したら引くほど笑われた。

 さて、先日もオードリーのオールナイトニッポンをタイムフリーで拝聴させて頂きながら近所を散歩していた。(オードリーANNのヘビーリトルトゥースは本人たちに「リスナーです」と伝えるときに不自然なほど丁寧な日本語を使うイメージがある。気のせいですかね?)
 若林さんが自身の最新エッセイ「ナナメの夕暮れ」について語っていたのだが、僕はまだ読めていなくて、本当に本当に、楽しみにしている。

 僕の若林さんの好きなところは、西加奈子さんが言っていた「若林さんて、童貞やんな」に収束される。それはもちろん言葉通りの童貞ではなくて、初めて女性に触れた時のような感動(おっぱいやらか~とか、頭皮の匂いは男とそう変わらないんだな~とか)を、若林さんは、日常で起こる全てにおいて感じることができる。あんなに面白いものを産み出せる人なのに、自分の人生に少しも慣れないのだ。
 それはものすごい資質だと思う。同じ道を歩いていても、他の人が見逃してしまうような些細な何かに若林さんは感動したり失望したりできるのだ。若林さんの見ている世界はどんな風だろうか。
 エッセイではその視界を少しだけ覘くことができるはずである。みなさん、ぜひ読んでみてください(お前誰?)


#ブログ #オードリー 

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

いつもありがとうございます。サポートしていただいたお金は今後の活動に役立たせて頂きます。フォロー・コメントもお待ちしております!

ありがとうございます
6

【エッセイ】

エッセイです。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。