【詩】モノクロ - リマスター

白い壁に、白いベッド。
名も知らない誰かの、黒い瞳、濁った肌、細い手首。

外は透明な、雨の色。鈍い音。雨の音。
切り捨ててきた、色たちが、いびつな塊になって、汚れていく。冷たい井戸の底。
拾い集めてきた、影たちが、何層にも重なって、濃くなる。薄いホスピスの毛布。

そこに居たことが、ここに来たことが、誰かに与えてきた罪の重さが、どすんどすんと、頭に当たる、夜。みしみしと崩れ始める命。心に刺さる、四月。

つたう、涙? 

白い壁に、白いベッド。
名も知らない誰かの、黒い瞳、濁った肌、細い手首。

ファインダー越しに、名も知らないその人を見る。みしみしと崩れる命の音を聞きながら。


(2013.4.3 初稿)


#詩

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

いつもありがとうございます。サポートしていただいたお金は今後の活動に役立たせて頂きます。フォロー・コメントもお待ちしております!

ありがとうございます
6

【過去詩リマスター】

2013〜2014に書いた詩を再編集して掲載します。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。