【詩】背中のボタン - リマスター

昨日 何かの拍子に 思い出した
君の 背中に 一つだけ
ぼこっと でっぱる 膨らみがあった
すべらかで やせた 背中
その膨らみだけが 妙に 目立っていた
肩甲骨の 少し下あたり

僕は いつも それを押した
まるで何かのボタンみたいに それを押した
押すと くすぐったいようで 君は
喉の奥で くすくすと 笑った 笑った


(2013.2.15 初稿)


#詩

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

いつもありがとうございます。サポートしていただいたお金は今後の活動に役立たせて頂きます。フォロー・コメントもお待ちしております!

感謝します
5

【過去詩リマスター】

2013〜2014に書いた詩を再編集して掲載します。

コメント2件

スキ と 押す
素敵な作品、たくさんお借り?させて頂きまして、ありがとうございます。ほくほく
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。