茶日の詩

・・・

ふわり 茶日で
ふわり
くすんだ白のコンクリート壁
だれかの皮膚のように
触れると
手のひらにひたりと
馴染んだ木のテーブル

・海老とピスタチオのペンネ
・とっぷりとした珈琲

夕焼けを
ちいさなつぶに
閉じ込めて
均等に並べたような
暖かい照明

・ごろごろした優しい牛肉のポトフ
・黄金色のグラスビール

ふわり 茶日で
ふわり
特別な響で流れるいつもの音楽
そこに居なくても 遠く離れていても
わたしとだれかのまどろみの遥か彼方で


#詩 #茶日 #笹塚

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

いつもありがとうございます。サポートしていただいたお金は今後の活動に役立たせて頂きます。フォロー・コメントもお待ちしております!

ありがとうございます
9

【詩】2017.10.1〜【New】

詩です。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。