20190828_DNX様_1200x628

国内追加投資|オクト

本日2019年8月29日に株式会社オクトより配信されましたプレスリリースの通り、投資先 株式会社オクトのシリーズBラウンド、今年3月のファーストクローズに続くセカンドクローズにて、弊社DNX Venturesも追加出資いたしました。同ラウンドへは弊社のほか、株式会社グロービス・キャピタル・パートナーズ、地方銀行系ファンド4社から調達、シリーズBの調達総額約24億円となりました。
>> プレスリリース

ANDPADとは?

「&ANDPAD」は、建築・建設産業の「働く」を「幸せ」にする、というミッションを掲げ、業界の人手不足解決、働き方改革を加速させるプラットフォーム。2016年3月のサービスリリース以来、現場の効率化から経営改善まで一元で管理できるクラウド型建設プロジェクト管理サービスを提供し、2019年3月時点で1,600社の企業に導入、施工現場数は130万件、4万人の職人が登録し、1日当たり6万件の施工写真がアップロードされるまでに成長、その後さらにこの半年も急成長を続けています。

目指すは効率化×品質向上

今回の調達資金によってオクトが目指すのは、カスタマーサクセスの体制強化、プロダクト開発体制の増強により、顧客体験の圧倒的な向上です。また、建設現場のテクノロジー導入に積極的なパートナーと共に、中長期的なR&D投資、システム連携を実施し、未来の建設現場の働き方改革、建造物の品質向上にも貢献していきたいといいます。

CEOの稲田武夫さんが、オクトの今後仕掛ける更なるソリューションについて3月のTechCrunch Japanの記事で語っているほか、起業家のライブ動画配信を行うamiでは先日2019年8月21日の配信で、設立の背景からサービスの詳細についてお話しています。

ぜひこの機会に、成長加速の止まらないオクトについて記事や動画を通じてご注目いただければ幸いです。


文・上野なつみ

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

他の記事もぜひ!
5

DNX Ventures

DNXは、2011年よりシリコンバレーと東京に拠点を構え、日米市場を中心にB2Bスタートアップへの投資を行っているベンチャーキャピタルファンドです。 | https://dnx.vc/jp | https://www.facebook.com/dnxventures/

DNX 新規投資のお知らせ

DNX Venturesの新規投資に関するお知らせをこちらのマガジンにアーカイブしていきます。将来的には、DNXがどのようなスアートアップに投資しているか、これらの投資先からみなさんにおわかりいただけたら嬉しいなと思っています。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。