発達障害の子が親に望む本当のところ

はじめまして。柔軟罪と言います。


主語がデカくなってしまって申し訳ないのですが、ここでは「発達障害者(ADHD)の自分が考える、子の頃に親にしてほしかったこと」をあくまで個人の視点から述べたいと思います。

結論から言うと、

1.金
2.補助


以上です。

エエ~…って思うかもしれませんが、もちろんきちんと理由はあります。


まず、大抵の方が「障害を持っている人に対して理解を持って接さなければいけない」と思っているかと思うのですが、それは間違ってはないけど別に正しくないです。

この続きをみるには

この続き:2,916文字

発達障害の子が親に望む本当のところ

柔軟罪

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

どこにでもいるありふれた発達障害者です。ヘラヘラしています。スキはガチャ仕様です

☆☆☆【楽しいインターネット】柔軟罪
1

柔軟罪

楽しい地獄暮らしのアリエッティ! 話の内容がぽこぽこ飛んだりしますがそれも含めて楽しんでください。レッツシェア地獄
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。