夢のAI通訳機ポケトーク、怒涛のスピードで50万台突破!

さんまさんの広告で話題の「ポケトーク」が発売後、怒涛のスピードで50万台を突破しました。国内だけでなく、グローバルにおいてもダントツのシェアを誇ることの製品。日本企業から出た久々のスマッシュヒットなんじゃないでしょうか。dofではポケトークWの発売のタイミングでの明石家さんまさんの起用をご提案し、この偉業の達成に貢献させて頂きました。

ご提案から採用にいたるまでの様子はこちらのソースネクスト松田社長の記事をご覧ください。
https://newspicks.com/news/3715164

さて、50万台突破の直後から、山手線などのJR各車両で中吊りと大型の窓上媒体で「レビュー広告」の掲載が開始されました。(新型車両はトレインチャンネルとの合わせ技です)

「広告では有名なお笑いタレントを起用してガンガン推してくるけどぶっちゃけどうなの?」「そんなのなくてもスマホにある機能で十分なんじゃないの?」といった、新製品に対しての懐疑的な空気を打ち消したい、是非一度試してナットクしてから買って頂きたい、そのためには実際に購入して使ったヒトの、生の声をそのまま紹介するのが一番ストレートでいいだろう、という発想から今回の企画が誕生しました。全てユーザー登録アンケートに寄せられた、生の声です。(本当はネットショッピング大手のAさんのレビューを使いたかったんですけどね、、、アプルーバル取る時間が足りませんでした、、、)

もうすぐで50万台が突破しそう、というタイミングに企画をご提案し、スピーディーに意思決定頂いて今回の掲載に繋がりました。素早いご判断をされた松田社長をはじめとするソースネクストのみなさまと、いつも抜群のアウトプットを創り上げるために細部に至るまで粘り強くクリエイションを磨き上げるクリエイティブスタッフ、ギリギリのところでの空き枠を抑えてくださった方々など、多くの優秀なスタッフによって実現が出来ました。心から感謝いたします。そして、是非このまま勢いを止めずに、いや、さらに加速させて夢の100万台を突破したい。

コミュニケーション・デザイナー 齋藤太郎・川名孝幸(dof)
アートディレクター       戸田宏一郎(CC inc.)
コピーライター         岡部将彦(Que)
デザイナー           石見俊太郎(North)

かねてより私たちdofの仕事は「文化創造」をすること、であると考えています。ポケトークのように、今までなかった画期的な商品を世の中に紹介することで、世界から言語の壁をなくすことに寄与できるのはこの仕事をしていて本当によかったと思える瞬間です。サントリーさんのハイボールや、一斉を風靡したPC用メガネのJINS PCも同様です。これから更に、このような仕事に積極的に取り組んでいって、世の中の「文化創造」に貢献していきたいです。どふぞ、よろしくお願いいたします。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

11

齋藤太郎 株式会社dof コミュニケーション・デザイナー

コミュニケーションデザインの会社、dofを経営しています。 アメリカ合衆国オハイオ州グリーブランド生まれ。95年慶應SFC卒。株式会社電通入社後、株式会社dofを設立。企業スローガンは「なんとかする会社。」角ハイボールを11年、最近はさんまさんのポケトークのキャンペーンなんかも。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。