見出し画像

ニュースを見ると、ダメなんです。気持ちも引きこまれるから。

大好きなアーティスト、原田郁子さんの歌詞にもあるように。

『この星の先には  にくみあって ころしあう人がいるんだって
ほんとうに? ほんとうにほんとうに? ニュースはみすぎちゃいけないね』

思いのほか、私たちは目に見えないものの影響を受けてるから
暗い思いのするものを、身近に置いていてはダメだと思う。

この考えは、きっと正義感のある人からしたら、
なんて無責任なことだろうと思われてしまうとは承知で言いたい。

世界のニュース、日本のニュース。
たくさんの人が、なくなっていると言う。
たくさんの人が、泣いていると言う。
たくさんの人が、悲しんでいると言う。
その惨状を、伝え続けている。
コメンテータは、『この状況をどうにかしないといけない』と言って、
頭を下げて、そして番組は終わってしまう。
私は、その惨状に心を置いてけぼりにされながら。

私が、このnoteを始めるきっかけとなった、スピでこのことを考えるとしたなら・・

私がこのニュースを見るということで、私はたくさんの人を不幸にしてしまってる、と思ってしまいます。
だから、見ないようにしようと。
何言ってんだ?!と怒涛が飛び交う考えですね。笑

一つ。
私の中の、私の真実。
私の世界は、私が作っている。
私が、ニュースを見ることで、私は、無残にもなくなってしまう人を作っている。(今こうして、文字にする間にも、私はそれを想像してしまうことに
とても抵抗感を感じる)
みんな、それぞれの世界を持ってる。
これは、同じフィールド(地球)の中で、違う価値観で生きてる、
ということではなく・・・
私の世界には、私しかいない、ということです。
これを読んでいる、『あなた』も私です。
そして、これを書いてる『私』はあなたです。
『むむむ?』ですね!笑
(ああ、なんてスピな話題!!!)

私は、昔(今も完璧に抜け出せてはいないのだけれど)罪悪感がとても強く
幸せになること、楽をすること、楽しくなること、がとても苦手でした。
かといって、真面目に生きてきたわけではないのだけど。
いや、はっきり言って、他の人から見たら、かなり自由に生きているように見えたでしょう。
でも、自由に生きているようで、とても不自由に生きていたんです。
不自由だったから、自由に振舞うことで、自由になりたかったんです。
(あなたの周りに、神経質に自由じゃなくなることに敏感な人がいたら、
その人は、とても不自由に生きてる人なんだと思ってください。今が自由だから、自由に執着してるんじゃないんです。今が自由じゃないから、自由に執着するんです。)
自由に生きていきたいのに、いつでも罪悪感があり、そして『どうして罪悪感を感じて生きていかないといけないのだ!』と、他人に怒りを感じなから生きていました。

どうして怒りを感じていたのか。
それは、私の前提は
『みんな苦労して、我慢して、生きてる』
と思っているからでした。
みんな苦労して生きていて、基本的に嬉しいことより、悲しいことが多い中で生きていると思っていたので、自分が幸せになれば、きっと妬まれてしまう、という考えがあったら。
だから、幸せになりたいから頑張っていたとしても、そしてそれが報われたとしても、私は心から満足感は得られなかった。

幸せ=妬まれる  

という、形式が出来上がっていたから。
ああ、なんという迷路。
私の世界に、幸せな人なんていなかったんです。
みんなが悲しんでる。みんなが泣いてる。
苦しい。辛い。
それが、私が住んでいる世界でした。
その世界では、ニュースでたくさん人がなくなっていて、
誰にも、この世界は変えられない、という絶望感で溢れていました。
誰かが、『この真実から目を背けるな』と怒っている。
慈善活動を促すために、無残な画像で訴えかけている。
『自分だけ幸せなら、それでいいのか?悪魔め!』と罵ってくる。
私たちは、常に罪悪感に苛まれ、今の自分のささいな幸せにも
影を落とそうとする。

私はもうそんな世界を変えたい。
私の世界から、そんな悲しいことはなくしたい。
私は、私を愛しているから。
この文章を読んでる、あなたも愛しているから。
だって、あなたは私だから。
だから、ニュースを見るのをやめたんです。
だだの逃げだ、現実逃避だ、とういう声も聞こえそうですが。
現実逃避せず、戦いたいと思うのならば、それは自分の世界でお願いします。

これからも、私は、私の世界で
今これを読んでいる『私たち』を幸せに描いていこうと思っています。
やりたいことをやり、太陽に向かって伸びる植物のようにのびのびと、
愛に包まれ、何一つ不安もなく、心曇ることもない。
国境もなければ、戦争もない。餓死もなければ、痛みもない。
子供達は笑顔で溢れ、未来は明るい光で満たされている。
みんなが手をつなぎ、そして笑っている。
そんな世界を、私は描きます。
ああ、この言葉達を書くだけで、お腹がポカポカしてくる。
私の住んでるこの世界の地球の裏側で、外国の子供たちが笑ってるのが嬉しい。
あなた達は、光です。
あなた達は、私のお腹をポカポカにしてくれる。
本当にありがとう。 



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとう(。・ω・。)スキは嬉しいです♫
22

hi

密かにスピリチュアルが大好物なアクセサリー作家です。昔、音楽家。文を書くのも好き。脳内で誰かと会話してます 『この妄想癖を楽しみたい!もう誰かの目を気にしてオシャレに生きるより、目に見えないものを綴りながら生きていきたい!』そんな思いでnote始めました
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。