0226

特定のグループでしか通じない、特定の個人間でしか通じない、意味をもたない言葉が好きだ。コミュニケーションのリズムを整えるために発せられるそれは足跡も残さずにわれわれの間をいききする。

それらの言葉は時間が経つと風化して、また別の言葉にすりかわる。

「ありがとう」や「ごめんなさい」よりもずっと無欲で紳士的だ。

- - - - - - - - - - - - - - - -

猛烈に訪れてほしくない瞬間、絶対に来て欲しくない日、というのが頭の中にある。実際にその日になってみると、なんてことない。むしろ意外と楽しめたりする。小さい頃からこういう経験が多かった。少年野球の試合の日とか。

訪れてほしくない瞬間、絶対に来て欲しくない日を頭の中で何度もシュミレートする。気分のいい作業ではないが、癖なのでやってしまう。

繰り返されたシュミレーションは、その当日になってみるとなんの役にもたたない。まったくの的外れである。

おこりうる先のことはいつだって想像の外にあり、それはとても恐ろしいことだ。1000回練習させてほしい。

でも、ちょっとだけ、楽しみでもある、想像の外のこと。

- - - - - - - - - - - - - - - -

2/16の山口でのライブは手ごたえを感じた。終わったあとに初めて見てくれた方が「最後の曲で泣いてしまいました」とCDを買ってくださった。僕も少し泣いていた。

- - - - - - - - - - - - - - - -

以前つかってたブログがサーバーの契約の関係で今月末で消滅することになったので、今後はこちらに書きます。

日々の意味のないことはTwitter
出演したライブの話はinstagramに(更新できてない)
ライブスケジュールはwebサイト

次回の演奏は3月8日(金)、広島のヲルガン座です。
ぼくのイベントです。花柄ランタン、くすり、ムカイダー・メイと。
すべてが最高な日なのでぜひお出かけを。ヲルガン座は家みたいなところだから、よそ行きの服じゃなくてもかまわない。待ってます

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

1
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。