どくへびの ぐっときたことばたち まとめ

30
ノート

個性は、出発点ではなく、これまでの人生の履歴書である。(中略)私たち一人ひとりは、日々の積み重ねの結果、宇宙の開闢以来一度もなかったかけがえのない個性を持つに至る。これは、誇張でもなんでもなく、単なる事実である。(茂木健一郎さんのnoteから)素敵すぎてちょっと泣きそう。

「優れるな、異なれ」中田敦彦の持論。今日たまたま知った。いい言葉。

「自分専用のスポットライトが、皆んなにも平等に降り注いでるよ✨🌈✨大丈夫✨🌈✨」りゅうちぇるのinstagramから。いいね☆

テラ・ルネッサンス / Terra Renaissance 理事/創設者 鬼丸 昌也さんのfacebookから「直接、足を運んで、この目で見ないと分からないことって、世界にたくさんあるな。自分の知り得たことだけで、世界に絶望する必要はない。ただ、謙虚に学び続けること。」うん。

「夢を追う君へ 思い出してつまずいたなら いつだって物語の主人公は笑われる方だ 人を笑う方じゃない」(SEKAI NO OWARI 「サザンカ」)たしかに。いつも主人公でありたいな。

文句があるならばできるだけ早急に伝えること。陰口を言うのではなく、真っ向勝負で(傷つけるのが恐いとか言っていないで)伝えること。偽物は去る。本物は残る。真意を伝えることで離れてしまうような薄い関係性に固執をしないこと。残るものは残り、離れるものは離れる。(いばや通信)そうかもね。

また遊びにきてくださるのを、心よりお待ちしております(^^)☆
3

「ああ ただ増えてゆくようで減ってゆく日々を 使い果たさず出会えたこと自体」(女王蜂『緊急事態』)アヴちゃんのことはまだ知らないことだらけだけど、このフレーズとても好き。

早く行きたいなら一人で行け、遠くへ行きたいならみんなで行け(アフリカのことわざ)できるだけ遠くまで行ってみたいな。

実在しない生き物が子供の心に椅子をつくり、それらが去った後に実在する大切な人を座らせることが出来る。(『エルマーのぼうけん』の翻訳者渡辺茂男の講演での言葉らしい。)美しい。

女子校に入ったけどクラスの大半はふつーの女子。でも授業が始まると入ってくるツイードの背広の歴史のおじーちゃん教師が「授業を始めるよ、お嬢さんたち」って言うとみんなぴしってお嬢さんの顔になったから、大切に扱われると人はみなそのように振る舞おうとするのかも(スパンスアイスさん)うん。