【書評】東大・京大に合格する子は毎朝5時半に起きる


三歳児の母おけいはんです。
これからママ・子育て関連の本を毎月紹介していきます。

今回ご紹介するのはこちら。
タイトルだけ読んで、べつに我が子を東大や京大に入れるつもりはないしというお母様にもぜひ読んでいただきたい。


子育ての結果は子どもが30歳になったときに出ると考えています。


というお言葉のとおり、子どもの将来を見据えた育児への取り組みが非常に参考になるんです。



またタイトルに関連して、生後2日目から起床時間を意識して育てていたというくだりに共感しきり。

息子が生まれてこのかたずっと20時就寝にこだわって育ててきたんですが。

早寝早起きの習慣はまさに「一生の宝習慣」

という著者のお言葉に救われました。


ここ数ヶ月すっかり子育てに自信をなくしていた私を救ってくれるフレーズのオンパレードに、涙がとまらず。

子育て軸は一貫して持ち続けながら、子育て方法は3年ごとにかえる


節目に合わせて、親の心構えと子供の目標を変えた。


というくだりに納得しすぎて、首がもげそうなくらいうなずきました。


あー息子は成長しているのに、私は今までのやり方で接して、うまくいかなくてイラついてという負のループにはまってたんだなと。

また、3歳を過ぎるとひらがなや数字が読める子がまわりに増えてきて。早期教育にはまったく関心がなかったのに、勝手に焦っていたんですが。

就学前は、ひらがなや数字を覚えるという「知識」よりも「思考力」を磨くことを意識


きちんとしたいい子を求めると子供は混乱


など耳が痛すぎて。

「愛嬌があって粋で能天気な子」に育てるというのが私の子育て軸だったのに、最近は私の子育て軸がぶれていたから、イラついたり、子育てに自信をなくしていたんだなと腹落ちした一冊でした。


著者の子育て方針にとても共感し、明日から取り組みたい事柄もたくさんありました。

これからも軸がぶれそうになったら立ち返って読み直したい本のひとつになりました。


執筆:おけいはん




〜小田桐あさぎ オンラインサロン 魅力ラボ 〜


仕事も、恋愛も、遊びも。
「自分らしさ」で全てを手に入れる

◆オンラインサロンのご案内
http://adorable-inc.com/miryokulab/
発足2カ月で300人!
次回の受付開始時期をお見逃しなく💫



◆小田桐あさぎメールマガジン
https://55auto.biz/adorable-asagi/touroku/entryform2.htm



◆公式Instagram
https://www.instagram.com/miryokulab



◆公式Twitter
https://twitter.com/miryokulab

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

1
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。