don.

1000年先でも愛しぬくよ
固定されたノート

自分に似合うワンピースは、案外見つからない。

そりゃあ「個性的だね」ってクラスのみんなからは言われていたし、ママからは「普通の服よりあなたは個性的なのが似合う」と言われていたからきっとそうだと思ってたよ。私は個性的だし、個性的なのが一番似合うって。

だけど違うって気づいたのはGW前の日曜日。自分で部活選んだのに今じゃそのこと考えると頭いたくなるし、愚痴しか出てこなくなったあの部活もやっと休みになって久しぶりの休日を堪能。その日は少し不安だっ

もっとみる

れんこんの輪切りをタテにかじる癖 ひとりあの人のマネしてみる #短歌 #tanka

溶けかけのコーヒーフロートみたいになった僕たち まだ中2だよ #短歌 #tanka #夏

透明な器の中の小さな味方たち

最下位の占いみても落ち込まずにいる私を作るまじない

毎日同じヨーグルトを出す母 うんざり思う15の私

父さんに謝るためのきっかけが欲しい この味うまいよねって

友達と朝方になるまで電話 小腹空いたし、いつもの食べよー

この席で何十年も朝食を食べた私と変わらない味 強くなりたい

#ヨーグルトのある食卓 #短歌 #tanka

冷えたすねに触れる指 午前3時 揺れる雑音 キミはモルヒネ

雨の日のベランダ ねこもいない街であなたに読む最後の手紙

給湯室のコーヒーが無くなって、砂糖二個入れなきゃ飲めない人をおもう

大体は忘れてしまう記憶たちつれて泳ぐ 都会にまぎれたクラゲの仲間

星印の3つついたお店より たばこの匂い染みついた部屋で

#短歌 #tanka #雨

どこか真面目にすかして、面白味のない文章しか書けない私を、私が憐れむ雨の日。