見出し画像

緊張感を糧にする

note記事を作成するのは寝起きと帰宅後が多いです。もうすぐで一か月ほど経ちますが、だんだんと毎日の習慣として定着してきました。気持ちを文章におこす事が心の安定につながるといった事は、昔から色々な媒体で言われてきましたが私も今、身をもって実感しています。

事実、私はこのルーティンのおかげでだいぶ救われている気がします。しかし、これが「よおし、毎日続けなきゃ・・・!」という強迫観念になると今度はストレスになるでしょうから、そういう時は「やりたい時にやる」方が良さそうですね。消化不良を起こしているのに「ワシは毎日ドーナツ30個食べるって決めたんや」と無理してドーナツを食べるようなもんです。

ちなみに私は高校生の頃、毎朝の長時間登校(トータル2時間弱)に嫌気がさし、何とか気持ちを奮い立たせるため起床時にB’zの「おでかけしましょ」という曲をヘビーローテーションしていた時期がありました。この曲自体は大好きで今も聴いているのですが、毎朝起き掛けに何度もだと気持ちを奮い立たせるどころか「ああ、また今朝もおでかけしましょか・・・おでかけおでかけ・・・」となり、結局一週間ほどでこのルーティンは終了。曲も嫌になりそうでしたからね。これと同じ理由でその当時流行った「着うた」は絶対好きな曲を設定しませんでした。飽きがきてだんだん嫌になってくるからです。好きなものは好きなタイミングで、やりたいと思った事はその時に。

自分でも不思議なもので、これから出勤という時によく記事なんて書けるなぁと思います。何故だろう、と考えてみたところ「考えながら文字を打つ」事でその事に集中し、緊張・不安といった雑念がシャットアウトされているからではないでしょうか。一時期流行った、塗り絵も配色を考えて塗ったり、ただひたすら何も考えずに色をつけていく作業なので集中力が要りますよね。「何かに没頭する」という事はつまらない考えにとらわれず、今を生きている感じがします。そう、今!now!nowがDAIJI(大事、の英単語が残念ながら私の頭の中にはありませんでした)。

楽しい時よりも、緊張していたり不安で胸が苦しい時の方が圧倒的に多いなぁと感じますが、その分わずかでも楽しい時間が訪れるとものすごく「え、なにこれ楽しい!!!なにこれ、なにk」と思える事もありましたから、一概に不安や緊張がいけない事ではないと思います。ただ、度を越した緊張が精神的によくないというだけで。何事もバランスですよね。しかし「緊張?不安?そんなの俺の人生にはねぇ!最高に毎日楽しいぜえーーーイエー!!フゥーー!!今夜もザギンでシースー」な人がいたら正直羨ましいですがね。友達だとちょっと鬱陶しいかもしれませんが。

緊張・不安に駆られている時に「集中できる何か」を持つのはいいですね。毎年、クリスマスになると年甲斐もなくドアノブに靴下を下げておくのですが、今年は集中力を上げたいので「ガム」でも入っているといいなぁ(ちなみに過去4,5年毎年クリスマスシーズンに靴下を下げていますが、何か入っていた試しがありません)。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

イェーイ!!!
5

宮目果林

不安と緊張、時々好奇心でできています。https://twitter.com/m_callin

日常のお話

毎日の出来事で感じる不安や緊張を分析。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。