私がTENGAになるまで

気付くと私はTENGAになっていた。
2018年4月のことである。

きっかけは夫の「俺は水が苦手だから」の一言。
これだけでは訳がわからない。
少し時を遡って『私がTENGAになった経緯』を書いていこうと思う。

2013年8月
当時新婚だった私は二つの問題を抱えていた。

①夫によるセックスの手抜き
②夫による一切の家事の放棄

①夫によるセックスの手抜き

生々しい表現は避けたいので以下のように記す。

夫「我陳珍舐、所望」
我「御意」
夫「嗚呼…挿入可?挿入可?」
我「我、乳又、触所望」
夫「不可!挿入!挿入!」
我「御意…」
夫「………嗚呼っ!」
我「………早…」

お分りいただけただろうか。

少し夫の味方をすると、全てが手抜きだった訳ではない。ただ『non お手抜きセックス』の割合が非常に少なかった。

今思えば、当時の私は常にイラつきを抱えており、獣のようであった。

②夫による一切の家事の放棄

当時は専業主婦の私が家事を担っていた。しかし以下の点を夫に頼んだことがある。

・食べ終えた後のお皿を水につけてほしい

上記旨を伝えたところ
「俺は水が苦手だから、水につけるのは嫌だ」
と言われたため、非常に腹が立ったのを覚えている。

【手抜きセックスへのアプローチ】

手を替え品を替え、我ながら呆れるほどのアプローチの数々によく夫は守りを崩さなかったと思う。
そう、改善しなかったのだ。

以下、私が夫に『non お手抜きセックス所望』とアプローチした手法を紹介する。


☆non お手抜きセックス アプローチ講座☆

①普通に伝える
②感情的に伝える
③冷静に伝える
④甘えながら伝える
⑤夫に尽くす
⑥画像を送りつけて伝える
⑦事後寝るだけだが化粧をして挑む
⑧コスプレをする
⑨図に書いて説明

①普通に伝える
普通にスルー。

②感情的に伝える
言葉通り
「何故!?挿入前、私触不可!?舐不可!?」
と泣きながら伝えたのである。
「そんな風に言われると触る気もなくなる」と夫の一言で撃沈。

③冷静に伝える
夫「わかった」
後に分かっていなかったことが判明。

④甘えながら伝える
「我、触希望〜♡」と伝えたところ「甘えながら言って」と言われたので「今やったじゃろう」と内心ブチギレた。

⑤夫に尽くす
夫に尽くせば、私も丁寧に扱われるのかと思い、それはもう尽くしましたが尽くし損で撃沈。

⑥画像を送りつける
エロ画像を拝借して「我、是希望〜♡」と伝えた。「もう!こんなことしてほしいの!?変態♡」と言われ「はあ?」と思ったが、とりあえず伝えたので安心…と思いきや、ここで終了。実務への道は遠かった。

⑦事後寝るだけだが化粧をして挑む
病み始め。ブスだから触ってもらえないのか?と思い始め、化粧をして可愛らしくしたが「其方、可愛、可愛、挿入可?」となり逆効果だった。

⑧コスプレをする
ほぼ同上。

⑨図に書いて説明
比例グラフを元に、挿入前の儀式の必要性を説いた。

非常に馬鹿らしいが、私は実際に上記グラフを元に夫に説明した。

一応補足すると「触らず挿入とはこれ笑止!貴様の発射までのカウントダウンだけでは満足せず。せめて挿入前に触れ」と伝えた。

するとどうだろう…なんと夫が悲しそうな顔をするではないか。

「分かってはいるけど、(触ることを)忘れてしまう。どうしてできないんだろう」


こう嘆いたのだ。
こんなことで嘆き悲しむなんて、なんて優しい人なんだろう…!と思うはずもなく、比例グラフによるアプローチも失敗に終わった。


冒頭に戻ろう。

2018年4月

私は夫に再度「触所望、我儘言…舐所望…」と伝えた。

ここで一つ、大事なことを言う。

上記旨、つまり前戯をしてくれ、触ってくれ、舐めて欲しい…などを伝えるのは非常に恥ずかしい。

Yahoo!知恵袋で、発言小町で同じような案件を調べ対策を練った。人間の最大欲求の一つである性欲を満たすことができない。頭の中に常に「何故、大切にされないのか?」と不満があり、イライラしている状態だった。

『次は大丈夫かもしれない。触ってくれるかもしれない』と期待をしては何度も裏切られ、自己肯定感は超低空飛行、女としての自信などなくなっていたのだ。


話を戻そう。

「触所望、我儘言…舐所望…」と伝えたところ、今までとは異なる反応がきた。

『舐めると顔が濡れる。俺は水が苦手だから、舐めたくない。もうこれから舐めることもない』

頭が真っ白になるとはこのこと。

『匂いがあるのか?過去付き合っていた人に言われたことはない…でも今は違うのか?』等、一瞬で様々ことを考えた。真っ白な頭とは裏腹に恥ずかしさでいっぱいで顔が赤くなった。

そして食事後の皿を水につけることを拒否した夫を、走馬灯のように思い出した、死ぬ直前でもないのに…

死ぬ直前でもない…いやこれは間違いだ。

この時、一つの人格が消滅した。

すなわち「私はこの人の妻だから、大切にされたい、触ってもらいたい、舐めてもらいたい」という思考を持った『私』という人格を自分の中から消したのだ。

*               *               *

『水が苦手ってそのレベルかよ』事件から数日後のことである。

私は、自分がTENGAになっていることに気付いた。


『私はTENGAだ。だから前戯されず、夫の性欲のはけ口として使われるのだ』
こう受け入れることで、悲しさも大切にされたい欲もなくなった。


高校生の頃から何度も読んでいる本がある。

伊坂幸太郎の『オーデュボンの祈り』

何度読んでも、理解できない文章があった。

狂気と受容。
狂うことと受け入れることは似ている。

TENGAになって初めて、この意味を理解することができた。

「私はTENGAなんだよ」と人に言うと笑われる。そういう"ウケ"を狙っているのだろうと思われる。性的な不満を持つことをアピールしたいのかとも思われる。

それは違う。
TENGAになって、大切にされない苦痛から解放されたのだ。

TENGAになる、つまり狂って、手抜きセックスの問題を受け入れることができたのだ。

『触ってもらえるかもしれない』と行ってきた、事前の身体のケア。
事後『何の意味もなかった』と何度も落ち込んだ。
外で見かける女の人は、どんな人でも自分より魅力的に見えた。

『セックスで大切にされない私』

は消えてなくなって、悩みを抱くこともなくなった。


最後に、

同じような悩みを抱えている人たちはたくさんいるのだろう。もちろん女性だけではない、男性もいるだろう。

私のように、自分を責めて欲しくない。

過去に戻れるのなら、私は私にこう言いたい。

『私は悪くない、十分頑張っている。
顔が悪い、声が可愛くない、胸が小さい…そんなことはない(まあ胸は小さいけど)。だから自分を責めないでくれ。見えない何かと戦うのはやめてくれ。
どんなに自分を責めても、あの人は変わらないよ』

以上が、私がTENGAになった物語である。





この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

53

どさこ

コメント1件

いつもTwitterなかよくしていただいているものの1人です。
お名前がこういったことからの由来とは知りませんでしたが、改めて根深い問題だと思いました。
知的文章センスやユーモアや中国語もご堪能なことからきっとどさこさんはあらゆる面で魅力的な女性ですから、どうしてこんなふうになってしまうんだろうと思いました。私なりになにか解決策を考えられたらなとも思いました。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。