【魔拳、狂ひて】構え太刀 五

5         
「そんでさぁ、カズの奴、彼女から引っ叩かれてマジ泣きしてンだよ!」
「ハッハハハハ! みっともねえ!」
「はい、承知致しました。それではニ十分後にお伺いします。それでは──」
「こちら新商品でーす! どうぞよろしくお願いしまーす!」
「ねーパパー、レストランでデザート食べても良い?」
「そうだなー……ママに聞いてごらん?」
「しょうがないわねえ、今日一日良い子にしてるって約束できるなら、食べても良いわよ?」

 渋谷の交差点は、今にも雨が降り出しそうな曇り空だというのに、いつも通りの騒がしい姿を見せていた。
 友人と話しながら、大声で笑う若者。電話を耳に当て、せわしなく歩くサラリーマン。サンプリング配りに励むキャンペーンガール。家族の団欒を楽しむ親子。
 行き交う人々の声や表情、車や機械の音、それら全てが、騒がしくも平和である事を示すように、街を彩っていた。

 横断歩道を歩いているその男も、そんな平和な日常に浸りながら、幸せを噛み締めていた。
 右手の中には、隣に並んでいる恋人の手が握られている。
 彼は今日、恋人とのデートを楽しむために、渋谷を訪れていた。

 それもただのデートではない。
 今日は、恋人の誕生日であった。
 彼女と交際を始めて今年で五年が経ち、結婚を考え始めていた。
 この五年の間に、嬉しい事や楽しい事、色んな事があった。幸せな事ばかりではなく、喧嘩をしたり、一緒に悲しんだりした事もあった。
 そしてこれからも、彼女と一緒に、色んな気持ちを共有したいと思っていた。恋人としてではなく、夫婦として。
 そして、彼女の誕生日である今日、彼は結婚を申し込む決意で、このデートに臨んだのである。

「ねえ、何か今日はいつもと感じが違うね。何か良い事でもあったの?」
 恋人が微笑みながら、男に話しかける。
「え? あ、ああ、ちょっとね。後で話すよ」
 男は動揺を抑えながらはぐらかす。

 彼女は元々、勘が鋭いほうであった。
 自分が何か隠し事を抱えていたりすると、男が打ち明ける前に、大抵彼女の方が気付くのである。
 もしかしたら、今日も気付いているのかもしれない。
 ──落ち着け。大丈夫だ。彼女はまだ気付いていないはずだ。びっくりさせようと思って、いつも以上に注意して隠し通してきたのだから。
 そう考え、自分の心を落ち着かせる。
 ──大丈夫だ、彼女はきっと受けてくれる。そして、これから先も、ずっと一緒にいてくれるはずだ。
 そう己に言い聞かせ、再び、隣にいる恋人の方を見た。

「……えっ」
 その時、男が呆けた声を漏らす。
 先程まで、隣で手を繋いでいた恋人の姿が、どこにも見当たらないのである。
 男は、キョロキョロと辺りを見渡しながら、恋人の姿を探す。
 ──いない。どこにもいない。

 ふと、嫌な予感がして、足元へと視線を下す。
 ──いた。
 何故か、うつ伏せに倒れていた。

 男には、その状況が全く理解できなかった。
 ──何故?
 ──何故、恋人はこんな所に倒れているのか?
 ──何故、倒れている恋人の、腰から下が無いのか?
 ──何故、恋人の腰から、紐状の赤い物が飛び出しているのか?
 そして──何故、自分の右腕が無くなっているのか?

 男が混乱していると、突如、彼の視界がぶれた。
 そして暗転し、何も見えなくなった。

 ──男の首は、刃物によって切断され、宙を舞っていた。
 首を失った男の体は、糸の切れた人形のように崩れ落ちる。

 崩れ落ちた遺体の傍らには、刀を持った、スーツ姿の男が佇んでいた。
 その男──構え太刀三兄弟の長男・剣一郎は、その遺体を見下ろし、男女が確実に死んだという事実を確認する。
 そして、ゆっくりと顔を上げると──口の端を吊り上げ、嘲笑を浮かべた。

「キャアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアッ!!」
 近くにいた女子高生が、男女の遺体と、剣一郎の姿を見て、甲高い悲鳴を上げる。
 それが合図となり、交差点を渡っていた群衆は、一斉にパニックに陥った。
 我先にと目の前の人間を押しのけ、その場から逃げ惑う。

 そういった人々の背中を追いかけ、剣一郎はその手に握られた刀を振るった。
「ぎゃああああああああっ!!」
「が……あっ……!?」
「あっ、足っ、足が、ひっ、ひぃぃぃぃぃぃぃっ!!」
 一振りする毎に、腕が、足が、胴体が、首が──斬られた者の体の一部が、血飛沫を上げながら撥ね飛ばされる。

「こっ、この野郎ぉぉぉっ!」
 そんな光景を見て、義憤に駆られた勇気ある若者が、無謀にも剣一郎目掛け突進していく。
 剣一郎はその男を一瞥すると、彼目掛けて空太刀を放った。
「げ──!」
 青年の体は、恐るべき妖怪が放った空を疾る斬撃によって、斜めに斬り裂かれた。

 その時、剣一郎がいる場所から少し離れた地点で、大きな血飛沫が舞った。
 その地点に立っていたのは、次男・剣次郎であった。
「ギャッハハハハハハハハハハハ!! オラオラ逃げろ逃げろ人間共がァァァァァァァァァァァ!!」
 剣次郎は狂ったような笑い声を上げながら、逃げ惑う人々を斬り裂いて行く。
 地面に倒れ伏す者の中には、一太刀で絶命した者もいれば、斬撃の痛みに全身を捩りながら悶え苦しむ者もいた。
 彼らを足で跳ね除けながら、剣次郎は逃げ惑う人々に斬り掛かっていく。

「あっ……ぁ……あ……あ……!?」
 剣次郎の目に、腰を抜かしてへたり込んでいる女性の姿が映る。
 剣次郎はその女性に素早く駆け寄ると、左の小太刀で、女性の顔面を突き刺した。

「あがっ──ご──」
 顔中の穴から血が噴き出し、全身が痙攣する。
 剣次郎は、口元を大きく吊り上げると、右の小太刀で女性の首を切断する。
 それから左の小太刀を大きく振ると、小太刀に突き刺さっていた生首が外れ、宙を舞った。

 そして、更に別の場所から、凄まじい爆発音が上がる。
 一大の乗用車が爆発し、黒々とした煙が立ち上っていた。
 その煙の中から現れたのは勿論、三男・剣三郎であった。
「ハッ! 車とかいう鉄の箱、いつかぶった斬ってみたいとは思っていたが、見た目よりも柔らかいものだな!!」
 そう言うと、手に持った大太刀で、逃れようとする人々を薙ぎ払った。
 その斬撃により、人体が崩れた豆腐のようにバラバラになって吹き飛んでいく。

 その時、運転手が逃げ出し、空っぽになっている車を剣三郎が見つける。
 その車におもむろに近付き、両腕でゆっくりと持ち上げていく。
 そして──
「どっ──せいっ!!」
 逃げ惑う群衆目掛けて、その車を投げつけた。
 宙を舞う車は最高点に到達した後、ゆっくりと加速しながら、地面に向けて降下していく。
 そして、激しい音を打ち鳴らしながら、一人の女性を下敷きにした。

「ぎゃあああああっ!! ……ぐっ……が……!」
「お母さん!? お母さん!!」
 その女性の息子らしき少年が、泣きながら駆け寄っていく。
 そして、何とか車の下から引きずり出そうと、母親の腕を引っ張った。
「お母さん! お母さん! お母さん!!」
 しかし、何度引っ張っても、重い車の縛めから、母親を助け出す事は出来なかった。
 それでもなお、子供は泣きわめきながら、母を助け出そうと腕を引っ張る。

 剣三郎は、その子供に近付くと──
「フン、ピーピーうるさい小童めが! そこをどけぃッ!!」
「ぎゃあっ!?」
 ──泣きわめく子供を、渾身の力で蹴り飛ばした。
 蹴りの威力と、地面に叩き付けられた衝撃に悶えながら、子供は血の混じった吐瀉物を吐き出す。
 そんな子供に一瞥もくれることなく、剣三郎は車の下敷きになっている母親を、大太刀で無慈悲に突き差した。

 人々は、ただひたすら逃げ惑っていた。
 謎の襲撃者は、近くにいる人間を、手当たり次第に殺傷している。
 近くにいれば、次に襲われるのは間違いなく自分だ。
 そんな恐怖に支配されていた。

 そして同時に、こんな事を考えていた。
 自分達は今、どこにいるのか。
 この街は本当に、さっきまで自分たちがいた渋谷の街なのか──と。

 ──狂喜の叫び。
 ──斬撃の音。
 ──飛び交う悲鳴。
 ──噴き出す鮮血。
 ──斬られる肉。
 ──断たれる骨。
 ──零れる臓物。
 ──漏れ出る糞尿。
 ──ぶちまけられる吐瀉物。
 ──横たわる死体。
 ──死体 。
 ──死体。
 ──死体。
 ──死体。死体。死体。
 先程まで、平和な日常に包まれていたはずの渋谷の街は、今や地獄絵図と化していた。

 人々を無差別に斬り付けていた剣一郎が、不意にその手を止める。
「ふむ、こんなものだろう。お前たち、引き上げるぞ!」
 そう言うと、剣一郎の姿が周囲に溶け込むように徐々に透けていく。
「ああ! 行くぞサブ!」
「おう、合点承知よ!!」
 二人がそう言ってニヤリと笑うと、剣次郎の体にはノイズが走り、剣三郎の周囲には強風が渦巻き始めた。
 すると次の瞬間、三人の姿は、忽然と消え失せていた。

 三兄弟が去った後も、人々は未だにパニックに陥っていた。
 既にいなくなった殺戮者の影に怯え、無数の遺体が散乱する渋谷の街を、訳も分からず逃げ惑っていた。
 警察が到着しても、そのパニックはしばらく収まることはなかった。

6 
 それから連日、世間はこの事件の話題で持ち切りとなった。
 死者六十九名、負傷者百四十二名という、三名の通り魔に寄る未曾有の無差別大量殺人。
 警察は、血眼になって捜査を行った。
 しかし、目撃者は多数いたものの、犯人へと至る決定的な証拠や痕跡は少なく、結果的に犯人の特定には至らなかった。
 三人の謎の襲撃者によって起こされたこの惨劇は、日本の犯罪史に残る大事件として深く刻まれる事となった。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

1

武田道志郎

魔拳、狂ひて

時は現代。科学の飛躍的な進歩により、人々は、太古より信じられてきた超常的な存在を否定するようになった。だがその陰では、妖怪や怨霊、超能力者といった『人智を超えた存在』が暗躍していた。  しかし、それらに対し真っ向から立ち向かい、次々に殴り倒す男が存在した。  彼の名は青木衛...
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。