しめパフェは北海道独自の文化です♩

#ルトロワ
#蔵味珈琲
#シメパフェ
#すすきの
#餃子製造所

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

27

TAKUMI901

h31前期

ラジオ投稿をまとめました。
2つのマガジンに含まれています

コメント9件

千鶴さん、シメパフェ、北海道で広まりつつありますよね。札幌のお店、すべて制覇したいくらいに食べ歩きたいです。他にも魅力的な町があるのも、北海道の良いところかなーって。
千鶴さんも北海道のおススメ的なお店があったら、ぜひぜひ教えていただきたいです!!
TAKUMI901殿、今更ながら、わらわへのフォローおよび、
note拝見およびスキありがたき幸せじゃ(´∀`*) 今後もよしなに m(_ _)m

うむ、北海道の食事情を改めて考えさせられたのぅ。
実は、わらわもかなりの食通じゃが、北海道は、道内の東西南北で
味の好みも分かれるし、この味じゃ!というのは一言ではなかなか決められぬ。
道内の各地でも、『その場所だからこそ』という良さがあるからのぅ。
要は皆の者が正月に食す、おせちやお雑煮と同じじゃな。
道内は内地つまり本州の方々が、集まって、地方ならではの食文化(東北地方や北陸地方などなど)+アイヌの食文化が融合し、
思いっきりひねりを加えたのが、今の北海道の郷土料理じゃ。
とはいえ、昔の北海道は、知ってる者は知ってるが、そんなに料理やいわゆるスイーツのバリエーションとやらは、他地方に比べてそんなに豊富ではなかった。
じゃが、時代が一つ一つ経つごとに、変化し増えていく。
札幌は特ににそうじゃな。
札幌は革新的な料理が多い、
じゃから、わらわが気づかぬうちに、新しき料理が出来たり、
それが郷土料理にまで発展したり、あるいはB級グルメの一つになったりと、
食文化もそうじゃが、
時代の先取りに関して、札幌は道内ではダントツと言っても良いくらいじゃ。
ただ、札幌にせよ、道内各地の共通点は素材を最大限活かすことじゃな。
素材を活かして、古き伝統的手法を組み合わせて、
新しいものを開発する――この筆頭は道内なら札幌じゃが、
より古き良き、モダンな料理やスイーツを楽しむなら、
函館あるいは小樽はおすすめじゃな。
もちろん、わらわの故郷じゃって、老舗の和菓子屋とかもあっての。
用途に合わせて、巡ってみてはどうじゃろうかの?

……ということで、なんかコメントが、なまら長くなって申し訳ないww
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。