AIKI EXPO 2002 特別座談会

組織、会派の壁を越えて

<出席者>
養神館本部道場道場長 井上強一
大東流合気柔術本部長 近藤勝之
沖縄古伝空手心道流師範 宇城憲治
本誌編集長 スタンレー・プラニン

ラスベガス・ネバタ大学のキャンパスで、本誌編集長をまじえたエキスポならではの特別企画、合気道、大東流、空手道の各派のトップレベル師範による特別座談会が行なわれた。
日本武道を守り伝えていくために、いまなにが指導者に求められているのか――
融合エネルギーをベースにした指導者クラスのレベルの高い交流が、今後の武道界を大きく変えていく底力となることを予感させた――
※所属や肩書きは、季刊『合気ニュース』に掲載当時のものです。

本誌編集長 スタンレー・プラニン
 「我々外国人が、なぜ合気道をやるか、
  それは、盛平翁の理想に感動しているからですよ。」

養神館本部道場道場長 井上強一
 「ふだん道場で稽古している時に
  あれほどの緊張感はないですからね。」

沖縄古伝空手心道流師範 宇城憲治
 「組織を乗り越えたプロジェクトが、
  武道界の水平統合につながっていくんだと思います。」

大東流合気柔術本部長 近藤勝之
 「私にとって、まさにこのセミナーは戦場でした。」



海外のレベルの高さに驚く

―― 連日のセミナーでお疲れのところお集まりいただきありがとうございます。まず、先生方の今回のエキスポの感想からお伺いしたいのですが。

井上 いやぁ、100パーセントよかったですよ、和食メニューがなかったことを除いてはね(笑)。みなさん真面目に稽古されていたし、我々も本当に一生懸命にやりました、またやる雰囲気でしたね。

近藤 アメリカの人は非常に素直ですね。それに非常にレベルが高いと思います。日本の場合ですと、縦の関係もあり、いろいろ遠慮があったりするわけですが、アメリカの場合はそういう遠慮がない。日本と違って我が身に対しての危機感があるから研究心も盛んで、それがレベルを高くしているのではないかな、と思いました。各指導者クラスの演武を拝見しても、かなりレベルが高いという印象がありましたね。

宇城 非常に楽しかったです。娘と息子は4歳から空手をやっていたものですから、今回アシスタントとして連れて来ましたが、人生観が変わったんじゃないかと思いますね。私は空手として参加したわけですが、合気道の人たちのなかで、どうなるかなという思いがあったのですが、毎回セミナーへの参加者もたくさん来てくださり、その学ぶ姿勢に非常に感心しました。学ぶ姿勢というのがその人のレベルを高くする、そういう気がします。日本に帰って、さっそく報告して、我々も考え直さなければならないのではと思いましたね。

この続きをみるには

この続き:12,760文字/画像4枚

AIKI EXPO 2002 特別座談会

どう出版

162円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

どう出版

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。