【1shot WORK no.5】日本マーケティング学会カンファレンス2018 ポスター発表 ※審査済み

サマリー

弊社ファッション事業のクリエイティブディレクター兼、10代後半〜20大前半の女性に高い人気を誇るファッションブランドLEBECCA boutique(※1)のブランド総合ディレクターを務める赤澤えるのクリエイションプロセスをインタビュー調査を行ないました。(※2)(発表内容のサマリーはこちらから

発表タイトル:プロダクトへの効果的な「意味づけ」はいかにして可能か?

社会学の知見を活用した調査手法と、リサーチ結果のアウトライン

クリエイションプロセスを社会学の手法グラウンデット・セオリー・アプローチ(GTA)を用いて定式化し、モノ消費/コト消費の文脈で必要不可欠となる1つ1つのアイテムへの強い意味づけを行う方法を形式知化しています。

具体的には、

・プロダクトを通しての自分語り

・映像的思考

・物語的な分析

といったキープロセスを導出しています。

意味のイノベーション理論への示唆

また、その成果を元にクリエイティブ業界で近年注目を集める「意味のイノベーション」理論の実践フローを実務において実施しやすくするアイデアを提示しています。

本研究に関連するお問い合わせ、案件や共同研究のご相談は下記コンタクトフォームまで。

発表資料の一部抜粋

(※1)株式会社ストライプインターナショナル運営。
(※2)発表審査済み。

本ケース・案件に関するご相談はこちらまで

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

株式会社drapology

"美意識を核とする強い企業を100社つくる"株式会社drapologyの公式noteです。 オフィシャルWebページはこちらから。https://www.drapology.jp

株式会社drapologyの1shot workのご紹介

単発で行なった様々なプロジェクト・学的アウトプットをまとめたworksです。会社概要にご興味ある方は、下記のオフィシャルWebページをご覧ください。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。