2017.1.6 cakesウラ話 今年の目標は「生きる」に決定

この記事は無料記事です---

こんにちは、外科医の雨月メッツェンバウム次郎です。

ちょっと久しぶりになってしまいましたこのウラ話。今週のcakesにはこんなお話を。

2017年は素数の年。私たちは予測不可能な宇宙を生きている

タイトルに悩んだ結果、今回は珍しく編集者さんにつけてもらいました。なるほど、他者の目から見るとこういうタイトルがつくような本文だったのか。と妙に納得。

今回のcakesは、年末年始に風邪で臥せっていた時に書いたのでちょっと堅苦しい文調に。新年早々説教くさいのですが、ま、たまにはいいですかね。


ところで皆さん、新年明けてなにか「今年の目標」て立てましたか?

立てたよーというあなた、質問です。

では、去年は目標を立てました?そして、何を目標にしたか覚えていますか?


・・・実は、私も去年の元旦に立てたような気がしますが、全く覚えていません。fbかどこかに書いたんじゃないかなと思いますが、fbを遡るのも面倒ですし、思い出すことができません。

そんな程度の目標だったのかと、ちょっと残念な気持ちになります。

だから、今年の目標はこう決めました。

「生きる」

です。

皆さんには暗いお話で恐縮ですが、私、正月から友人の訃報を耳にし、かなりのダメージを負いました。数年会っていなかったのですが、旧くからの友人っていうのは、「会ってないけれどどこかで元気で頑張ってるんだろう」くらいには思っていたのですね。それが、この訃報を耳にして初めて自覚されるという情けなさ。

人間って、生きているだけでいい。そう強く思わされました。

だから今年の目標は、「生きる」。

これなら達成出来る可能性はまあまあ高いですし、去年の目標みたいに忘れてしまわないしね。

何を大げさな、と思います?私はあなたと同い年の患者さんを看取ったことがあるのですよ。あなたが今年死ぬ可能性は、0%じゃないんですよ。それを知っておいてくださいね。

cakes本文にも書きましたが、「何かはわからないが、予測不可能な事象がこの身にふりかかる」のです。それを自覚なさってください。


そして今回からcakes連載は毎週→隔週にさせていただくことにしました。理由はいろいろありますが、多忙が一番です。隔週にさせていただいたら多忙ではなくなるわけではありませんし。時間を取ればたくさん書けるというものでもないのですが。実はcakes記事1本を書くにあたり、かなりの時間がかかっています。

もちろん、下準備を減らしてエッセイ調にさらさらと書くことは出来ます。しかしきちんと準備をせずに頭の中を開陳するだけでは、有名人でも天才でもない私の記事の価値は低いと思います。ですので、散々悩んだ挙句、ちょっと隔週にさせていただくことにしました。すみません。


もうお仕事は始まっている人が多いでしょうかね。これから寒さが本格化する2月を迎えます。私はすでに風邪を引いてしまいましたが、みなさんはお気をつけ下さい。病気で臥している時間はとてももったいないですから。

では、本年もどうぞ宜しくお願い致します。

うげつ

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

58

cakes連載記事、あそこには書けない週刊ウラ話

cakesで毎週金曜の連載「それでも僕は、外科医をやめない」のウラ話や続きを書いています。ここだけでもお楽しみ戴けます。
1つのマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。