人狼ゲーム

作品紹介:人狼ゲーム

川上亮さんの小説『人狼ゲーム』が実写映画化されるタイミングで、その関連作として川上さんの会社コザイクとドロッセルマイヤーズが一緒に作った人狼カードゲームです。

なにせタイトルが「そのものズバリ」なのでプレーンな人狼ゲームと誤解されがちなのですが(もちろんプレーンな人狼ゲームとしても遊べるのですが)、4人から遊べる少人数用の独自ルールが、実は結構おもしろいです。

プレイヤー1人が2キャラクターずつを担当することで、(例えば『ワンナイト人狼』のようなシンプル化方向ではなく)できるだけ遊びとしての奥行/多様性を保ったままで少人数プレイを実現する、というアイディア。

場合によっては占い師が人狼側についたり、狂人と人狼が同一プレイヤーだったりするので、能力の組み合わせによる意外な展開もあり、いま遊んでもわりと新鮮だと思います。

制作時の思い出としては、関連作とはいえ映画本編の素材は使えない状況だったので、このゲーム用に写真を撮り下ろしたのが面白かった。パッケージの机についた血まみれの手形は僕の手だったりします。

ちなみに映画『人狼ゲーム』はその後も続編がいっぱい作られていて、2018年に公開された『人狼ゲーム インフェルノ』で8作目とのこと。すごい。

(ドロマイは映画版にはほぼ全く関わっていませんが、一作目だけ作中のカードデザインとしてクレジットされました。)

※ドロッセルマイヤーズのショップからもご購入いただけます。→こちら

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

1

ドロッセルマイヤーズ

創作ボードゲームと遊びの店ドロッセルマイヤーズです。『法廷気分』『なぞなぞ気分』等の「ゆるゲー」シリーズ、アークライト社との共同プロジェクト「Kaiju on the Earth」シリーズ等のゲーム開発をしています。ショップサイト→http://drosselmeyers.com
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。