個人事業主(自営業)の新規顧客開拓営業方法

個人事業主の方の60%がいつも新規顧客の開拓に悩み続けていて、その中の30%は開拓すら行っていません。

私も一人で業務をこなしていた為に「営業」をおろそかにしていました。

頭ではしないといけないという事を分かっていながら、どのようにしたら良いかすら分からなかったのです。

そんな私が、25歳で木箱梱包業を開業させ、一匹狼で業務をこなしながら、ネットとリアルを駆使した営業方法で、大企業や中企業の新規顧客獲得を次々と成功させた、たった一人でもできる新規顧客開拓営業方法を解説します。

目次
・新規顧客開拓の営業方法
・中小企業にとっての営業とは
・ホームページの重要性
・アナログ営業
・まずはターゲットを決める
・ハガキ営業のススメ
・口コミ営業はキーマンを抑える
・全ては「顧客リスト作り」のために
・顧客のフォロー
・まとめ

新規顧客開拓の営業方法

個人事業主の方の60%がいつも新規顧客の開拓に悩み続けていて、その中の30%は開拓すら行っていないのが現状です。

私も一人で業務をこなしていた為に「営業」をおろそかにしていました。

頭では「営業」をしないといけないという事を分かっていながら、どのようにしたら良いかすら分かりませんでした。

なぜなら、飛び込み営業した時に門前払いが多くて時間や労力を無駄にすると言う苦い経験があったからです。

そこで効率的に集客できる方法は何かと考えたところ「ホームページ」が良いと言うところに気がついたのです。

ホームページなら、一度作ってしまえば、こちらからわざわざ訪問しなくてもお客様が来てくれると考えたからです。

その考えが見事に的中し、一匹狼ながら大企業や中小企業様から注文をいただけるようになり、お得意様を次々と増やして行く事に成功したのです。

当時はホームページを作るとなると、お金を出して専門業者に頼むか、自作をするのであれば、プログラムから勉強する必要があったのですが、今は完全無料で簡単にホームページを作成できるシステムが構築されているので、プログラムを作る必要がなく、イメージ通りのホームページを作る事が出来る上に、物販であれば「カート」まで設定する事ができ、決済まで導く事が簡単に出来る時代になったのです。

なので、まだホームページを作成されていない方は、まずはお店のカタログとなるホームページを作ってみてください。

そうする事で、チラシや名刺からお客様をホームページに誘導することが出来ますので、お客様にはある程度、事前に自社のサービスや商品のことを知って頂いた上での営業になりますので、話を温める事なく内容の濃い提案ができ、仕事をスムーズに運べる事が出来るうえ、時間短縮につながると言う「おまけ」までついてくるのです。

しかし、ホームページだけでは「今、欲しい人」だけしか検索されて注文に結びつくことしかできません。

そこで、まだ自社の商品やサービスを知らないお客様に対し、知っていただくためにもホームページにアクセスをしていただく導線が必要となるのです。

その方法は、「ハガキ」と言う超アナログの戦法なのです。



この続きをみるには

この続き:5,832文字/画像2枚

個人事業主(自営業)の新規顧客開拓営業方法

duckwalk36

500円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

1

duckwalk36

南大阪在住で40代の会社員ではありますが、転売やアフィリエイトに興味があり、ビジネス書が好きで良く読んでます。 情報サイト : http://310top.com/ グルメサイト : http://esta-bom.com/

コメント2件

とても参考になるノートを執筆いただきありがとうございました。従業員を抱えていない時期にどう営業をかけるのかを考えていたところ、「個人事業主 営業」というキーワードでサイトを見つけ、noteへいたりました。購入前に「目次」が見れたらなおよかったと思いますが、それでもコンテンツには満足しました。
コンテンツに満足いただけてありがとうございます。
「営業」頑張って下さい!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。