アスタラビスタ 6話 part1


 目が覚めると、時計は午後一時を指していた。

 近頃、雅臣との手合せで筋肉痛がひどく、起き上がると身体が軋む。だが、そのおかげで少し体重が増え、体力もついた。

病弱そうに細かった身体は、いくらか健康体に近づき、心も以前に比べて元気になった。


 ただ、独りで部屋にいると、未だに寂しさに襲われる。

特に夜。

昼間、雅臣たちと楽しく過ごした反動から、途方もない孤独に心が潰れそうになる。



 それはいつまで続くのか。終わりは訪れるのか。


 誰かが私の隣にいてくれるようになったら、その孤独は消えるのだろうか? もしそうなら、私は一生、孤独から逃れることはできない。



 ちょうど大学の授業もなく、暇を持て余していた私は、アパートの近くを散歩することにした。

日が高く昇っている時間に、何の目的もなく歩く。人生でそんなことができる時間は、きっとあと僅かしかない。


 昼の暖かな日差しの中、自分の髪が揺れた。

近くの幼稚園から聞こえてくる子供の声。草花の香り。首都高速を走る車の音。

今まで感じられなかったものが、今の私には感じられた。

 それは、私に「余裕」が生まれたからだと思う。だがその余裕は、私に孤独について考えさせ、思い悩ませる。

私はその余裕を、満ち足りた時間を過ごすために使えていない。

やっと生まれた余裕で、私は自分の首を絞めている。



 ポケットから携帯電話を取り出す。唐突に誰かに助けを求めたくなった。

これまで孤独だった私は、誰かに助けを求めようと、いつも必死でいた。

しかし今、私には助けを求められる人が近くにいる。

孤独から、一時的にでも逃げ出す手段を持っている。



 だがそれは、ずっとそばにいてくれる存在ではない。助けを求め、救われた後、また苦しくなることを私は知っている。


 連絡帳の中にある電話番号を選び、耳に携帯電話を当てる。少しして、呼び出し音が止んだ。


「……もしもし?」
 聞こえてきた声は、電話番号の持ち主の声ではなかった。



 雅臣たちの部屋の前で、私はドアが開くのを待っていた。薙刀の道具も持たず、大学で使うテキストの入った鞄も持っていない。

 ドアが開くと、先ほどまで私と電話越しで話していた清水が出迎えた。

「いらっしゃい、紅羽ちゃん」
 今日はずっと家にいたのか、ラフな服装で彼は微笑んでいた。

私は清水に電話をかけた訳ではなかった。本当は雅臣の電話番号に電話をかけた。だが、雅臣の携帯に出たのは清水だった。

 挨拶をしようとすると、清水は咄嗟に自分の唇に人差し指を当てた。その動作に、吐き出そうとした言葉を飲み込んだ。

「……静かに」
 部屋の奥を指し示す清水に、私はゆっくり頷いた。

玄関へと入って靴を脱ぎ、そっと部屋に上がる。準備ができた私の姿を確認すると、清水はリビングへと向かって行った。

彼の後ろを少し離れてついて行く。行きついたリビングは、以前彼ら三人と食事をした時以来、物の配置も、汚さも変わっていなかった。

昼の暖かな日差しが、カーテンを通して入り込むと、この汚い部屋も良い部屋だと思えてしまうから困る。


 ふと、目線をソファーに向け、私は目を見張った。雅臣がソファーに横になって眠っていたのだ。

最初は横になっているだけかと思ったが、目を閉じて規則的な呼吸をしているところを見ると、彼は確実に深い眠りに落ちていた。

 私はソファーで眠る彼の顔を、思わず覗き込んだ。こんな無防備な姿の彼は初めて見た。




「ごめんね、雅臣寝ちゃってるんだよ」

 だから雅臣は電話に出なかったのか。代わりに電話に出た清水には、「マンションにおいで」としか言われていなかったため、内心何事かと思っていた。

これなら、雅臣の携帯に清水が出たのも納得できる。

「雅臣と俺はね、仕事上、交代で寝るようにしてるんだ。雅臣は夜起きてる。24時間、常にどちらかが起きてるようにしてるんだ」
 雅臣を覗き込んでいた私は、清水へと顔を上げ、「え?」と声を上げた。


清水は眉を下げ、肩をすぼめて見せた。



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

25

オリジナル小説「アスタラビスタ」

人を殺めようとした紅羽を止めたのは、憑依者と呼ばれる特殊体質の男だった。キャラが憑依し合うヴィジュアル小説!

コメント2件

賑やかな出来事の終わった後は、その楽しかった感情の反動で原因のわからない引き潮のような寂しさでいたたまれなくなることがあります。そういう時は私も用事もないのに誰かに連絡入れてしまいますね。 そういう気持ちの表現がとてもマトを得た文だと思います。
ナランチャさん 私もおんなじです。その時はうるさいなぁなんて思っても、いざ1人になると、寂しくて居られなくなることとか、よくあります。そんな気持ちを、文章にしてみました。用もないのに、紅羽も連絡を入れています。彼女は今まで1人でしたが、そういったことができる仲間が、今はできました。迷いつつも、状況が好転している様子を描けていたら幸いです。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。