【綴】触れる

君の肩は意外に華奢で

ボクはちょっと緊張した

いつもは強気な君も

実はそんなに強くなくて

演じているのかもしれない

そっと君の肩に触れる

ボクは君のそばにいたい

わかってくれるかな

ボクの気持ち

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートしてくれると、とっても喜んじゃいます♪ 嬉しいな(#^^#)

Thanks!!!
1

かっぱ

かっぱさんの徒然日記(2018年)

2018年に公開した記事です。
1つのマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。