男女ロボット搭乗をセックスに捉える先にあるもの『ダーリン・イン・フランキス』

 

これまでにロボットもの・特撮もので男女が共に乗り込むものや、男女が揃うことで巨人に変身するものが数多く放映されてきました。で、それらはもう一つ掘り下げるとやっぱりセクシャルな印象がありますよね。それらと比較すると『ダーリン・イン・フランキス』はうすうす感じられたそれを最も真剣に掘り下げてようとしていると思います。

 

男女がいっしょになって搭乗、変身するっていうのはうすうすセクシャルな印象を受けなくもなかった。ところが『ダリフラ』ではまったく隠すことなくセックスそのものを題材にしていますよね。しかし、本作がロボットものである以上、いまのところ露骨すぎるし、どこか不快感あるのも否定できないながらも掘り下げればとさらに大きなテーマがあるのではないか。

 今回はもう映像のモードとかそんな話はなく、これまでに日本で作られた男女搭乗ロボットものが掘り下げられただろう可能性を振り返りつつ、ダリフラを見通すという、けっこうド直球のオタク話です。(購入後は定期的な追加、最終話鑑賞後のレビューを追加していく予定です。)

【主な内容】

・過去の特撮からアニメにおける男女同乗ネタとの比較 ・その中で『ダリフラ』がもっとも革新的なテーマ ・「男女同乗」として再評価する旧エヴァンゲリオン ・旧エヴァから継承したもの ・しかし革新性なテーマのせいで根本のテンポが悪くなることとは…

この続きをみるには

この続き:3,891文字

男女ロボット搭乗をセックスに捉える先にあるもの『ダーリン・イン・フランキス』

EAB’s Pay Wall

300円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

歓喜です。次回もよろしくお願いします。
6

EAB’s Pay Wall

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。