日本アニメに12年以上の影響を与えた涼宮ハルヒ3つのエピソード

『涼宮ハルヒの憂鬱』の放映から2018年で歴が一周する。あらためて見直すと飛びぬけているエピソードはやはり『朝比奈ミクルの冒険』『ライブアライブ』そして『サムデイ インザレイン』の3つだ。この3つは以降の京都アニメーションのスタイルを決定付けたと思われ、場合によっては今日まで10年以上の商業アニメに影響を与えていると言える。その最たる理由はガキのモードでつねづね書いていたように「凡百の商業アニメの構造を、ひとつ上のレイヤーから眺めていること」だからだ。そしてそれは『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』でひと区切りついたのではないか。

 でも、どういう方法で「ひとつ上のレイヤー」から眺めているといえるだろうか?いまあらためて、この3つのエピソードが日本の商業アニメにあたえた12年以上の影響をまとめてみた。

【主な内容】

・ハルヒ3つのエピソードの再検証

・「朝比奈ミクルの冒険」自主制作映画演出がもたらした効果

・「ライブアライブ」とその元ネタ映画「リンダリンダリンダ」のスタンス

・ハルヒ3つのエピソードの完成系『けいおん』

・物語性すら虚飾としてはぎ取る『サムデイ イン ザレイン』

・ 芸術映画の方法が結果的に「日常系」「空気系」みたいなバズワードを広げたという説

・ハルヒ3つのエピソードの作家映画指向と以降のアイドルアニメの繋がり。その相性の良い理由

・独自路線を進んで以降の京アニの邦画的な方向性

・京アニのハルヒ3つのエピソード時代の終わり『ヴァイオレットガーデン』

この続きをみるには

この続き:10,718文字/画像2枚

日本アニメに12年以上の影響を与えた涼宮ハルヒ3つのエピソード

EAB’s Pay Wall

500円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

感謝です。なにか培われたならば幸いです。
5

EAB’s Pay Wall

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。