楽天の正捕手・嶋基宏選手が打者として魅せる新たな魅力とは?!

こんばんは。鷲ファン屈指の記録好き、@eagleshibakawaです。

去る17日、楽天の正捕手、嶋基宏選手が沖縄県内での自主トレを公開しました。

銀次、枡田、哲朗、中川の4選手とチーム嶋を結成。お揃いのTシャツを用意し、報道陣が見守る中、砂浜ランニング、室内練習場でのノック、そしてティー打撃と、一連の練習メニューに汗を流したそうです。

嶋選手、今年は打撃での貢献に意欲

地元・河北新報が翌18日の記事『<楽天>嶋10年目「打撃で貢献」』その自主トレを報じています。

記事によると、嶋選手、今年はバットでの活躍にも大いに意欲を燃やしているのだとか。

「体を鍛え直し、守備だけでなく打撃でも貢献したい」
「二塁打や三塁打の数を増やしたい」

河北新報では「長打力の向上を目指し、下半身中心の筋力強化に費やす時間を2倍に増やした」と報じています。

打撃成績の具体的な数字も目標に掲げました。

昨年12月の契約更改記者会見で「打つほうでも3割打って、得点圏打率も3割5分ぐらいは打ちたいなと思いますし。キャッチャーとして打点も50打点ぐらい挙げれば、下位打線にいたら『嫌らしい打者だな』と思われると思うので、打点も50ぐらいは挙げたいと思います」と宣言。
打率.300、得点圏打率.350、50打点を目標にすえました。

これは大いに楽しみですよね^^

10人中8人の楽天ファンが気づいていない
打者・嶋基宏の新たな魅力とは?!

ところで、皆さん、打者・嶋基宏の魅力は何処にあるでしょう?

チーム屈指の右打ち技術を持ち、待球姿勢と傑出した選球眼、粘り打ちのアプローチで相手投手に数多くの球を投げさせる「いぶし銀」の打者。相手バッテリーからみれば、打ち取るにしても手間暇かかる厄介な打者。

通算IsoDは.077ながらも、上記の技術をフル活用し、安打以外の出塁が多く、ここ2年間は.112、.119と驚異の1割超え。

通算OPS.631を記録、楽天の捕手OPSが2010年以降6年連続リーグ平均超えを実現できている最大の功労者。

センターから右方向中心の打球方向ながら、時折見せる引っ張りの打撃も魅力的。あの2011年開幕戦3ランなど、この人が引っ張るときは「意を決した」という印象があり、チームの雰囲気を変える要素を持つ。

だいたいこんなところになるのでしょう。

しかし、皆さん、 1つ忘れている「新たな魅力」、ありますよ!!

続きは有料エリアでどうぞ。税込100円。缶コーヒー1本以下のお値段で、あなたを新たな嶋基宏ワールドにお連れします!!!

※ここからは有料エリアでお楽しみ下さい。なお、当方メールマガジンの読者の皆さんには1/25(月)配信号で本稿を掲載しますので、ご購入いただく必要はございません。

この続きをみるには

この続き:1,489文字/画像4枚

楽天の正捕手・嶋基宏選手が打者として魅せる新たな魅力とは?!

eagleshibakawa

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

読者の皆さんにいただいたサポートで、さらなる良い記事作りができるよう、心がけていきます。

真田幸村の赤備えがクリムゾンレッドに見える、信州上田在住、楽天応援の野球ブロガー。1球単位のプレーデータをはじめ、各種記録や指標等で楽天の魅力・特徴・課題・現在地を定点観測するブログを2009年から運営の傍ら、有料メルマガ、『週刊野球太郎』など野球専門媒体への寄稿歴も有。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。