手放すことから、はじめてみる。

会いたい人、行きたい場所、やりたいこと、食べたいもの。
自分で思って行動することって、日々のなかで結構な割合を占める。

そんなことを思って日々を過ごしながら、
「うまくいかない」「なんかしっくりこない」
ということもあるだろう。けれど、できないこともあるけれど、
思い通りになってることだってたくさんある。

食べたいものを食べる。観たい映画を観る。行きたい場所に出かける。
こういうことは割と叶いやすいことだったりする。
そういう自分の「○○したいリスト」の中身にあるものの重さというか
重要度を分けるんじゃなくて全部テーブルに広げるみたいにしたら、
少し楽になるかもしれない。

「今日はこれはできなかったけど、これできたしな」
「今日は割とたくさんできたかも」
みたいに【できたこと】に自分の思いのポイントを置くだけで急に
楽になることだってあるかもしれない。

そんな日々の心持ちのなかに、自分なりの「悪くもってかない流れ」みたいなものを持つだけでもしかしたら1日のなかで、穏やかな気持ちでいられる時間が長くなるかもしれない。

それは気を紛らわしているわけでも、とりあえず結果を先延ばしにしているわけでもなくて。もし人生が100年時代とかいう捉え方じゃなくて、その日その日のものだったとしたら
「とりあえずできたことも、できなかったこともあったけれど、気持ちよく過ごせた」
ということがきっと意味を持ってくるのだと思う。

僕はライフプランというような人生設計は持っていない。
「持たないとある程度までしか君は行けないよ」とかもし大先輩に言われたとしても、はいそうですか!と言って聞く耳を持つつもりはまったくない。

自分のことは自分なりに36年間見守ってきたつもりだ。
自分のダメなとこもなんとなくごまかしがきかなくなってきたと思う。

僕は予定を立てることが苦手だ。
カレンダーにスケジュールをテトリスみたいに詰めることが苦手だ。
急にどこかに行きたくなったり、急に誰かに会いたくなったりする。
そんなときにスケジュールがかっちりしすぎているとそれができない。

だから僕はノーガード戦法みたいに、この段取りとスケジュールと約束がたくさん意味を持つ社会でもうちょっとだけ雲のようにフワッと浮かんでいるような生き方ができればなと思う。

それは、まったく社会と切り離させれて、一匹オオカミとして生きるというようなことでは全くなくて、自分のなかにそうやって自分なりに持てるグラウンドを大切に守っていきたいということだ。

そうすれば、昨日はちょっと余裕がなくてため息が出てしまったりしたけれども、また自分のペースに戻っていくことができる。そんな風に日々を過ごしたい。

「○○したい」で僕がこだわりを捨てたのは
「だれかに会いたい」だ。

この続きをみるには

この続き:666文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
月に4回程度配信。有料マガジンとしていますが内容はどなたにでも読めるようにしようと思います。

旅の日々で自分の心に浮かぶ思いや気づきを読み物として。僕の旅の生き方のなかで、読んでくださる方々の心に心地よい余白が生まれればいいなと...

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

9

西川 昌徳

自分が自分でいられること。

旅の日々で自分の心に浮かぶ思いや気づきを読み物として。僕の旅の生き方のなかで、読んでくださる方々の心に心地よい余白が生まれればいいなという願いを込めて。課金マガジンですがFREEスタイルなので記事を最後まで読んでいただけます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。