世の中にはこのふたつしかない。

「どうしてそんなに前向きなの?」
「悩んだりしちゃうことってないんですか?」

友だちや、SNSを見てくださっている方に、こんな風に聞かれることがあります。正解は、僕はよく悩むし、前向けないときもたくさんあります。自分で区切りをつけたつもりの出来事でも、ちょっと心がモヤモヤしているときに、また思い出してしまって頭がグルグルするときもあります。

そんな僕だけれど、やっぱり自分には見つめたいものと、行きたいところがあって、そこに行くためにはずっとずっと頭や心をこれらのマイナス(とりあえずはこう置きます)なことで埋めていてはいけないことも知っています。

そんなときにこそ、だれか他の人に愚痴をこぼしたり、本や誰かのアドバイスを求めることよりも【自分でまずは気持ちの区切りをつけてみる】ことが必要だと思います。頭や心がいっぱいになってしまっているときには、そこに隙間がないので【自分にとって必要な答えがそこにあったとしても、それを自分に取り入れるだけの余白がない】ということになってしまって結局は解決しない。

僕はこういう状態から抜け出すときの考えとして、まずは【自分で都合よく解釈してしまう自分なりのコトバ】のようなものを持っていたらいいと思うようになりました。

この旅で出会った富士市のお寺のご住職は
「この世で起こる全てのことは完璧なシナリオのもとに起きている」
とおっしゃいました。彼も人生設計が崩れ、最愛の家族を亡くし、なんにもないところからお寺の住職になることになり。ほんとに波乱万丈の人生を過ごされてきた方でした。

また、去年の秋に東京で「誰かお茶しよう!」とSNSに書き込んだときに、仲間のレキくんから「じゃあダライ・ラマの話を聴きにいこう」というビックリな返信が来て、日比谷音楽堂までダライ・ラマの話を聴きに行ってきました。彼はしきりに「楽観的に行こう。何事も定義しすぎてはいけないよ。」と言っていました。

この続きをみるには

この続き:781文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
月に4回程度配信。有料マガジンとしていますが内容はどなたにでも読めるようにしようと思います。

旅の日々で自分の心に浮かぶ思いや気づきを読み物として。僕の旅の生き方のなかで、読んでくださる方々の心に心地よい余白が生まれればいいなと...

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

6

西川 昌徳

自分が自分でいられること。

旅の日々で自分の心に浮かぶ思いや気づきを読み物として。僕の旅の生き方のなかで、読んでくださる方々の心に心地よい余白が生まれればいいなという願いを込めて。課金マガジンですがFREEスタイルなので記事を最後まで読んでいただけます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。