【ヨガ動画】週末の無料公開

こういうポーズってまだまだウブなヨガ初心者のころだと、はじめての大きな壁にぶち当たる感じで、出来ないことにちょっとした挫折感を味わったり、人と比べて劣等感を感じたり、出来た時は達成感と見たことのない景色に感動したり、やり遂げた自分を褒めてあげたいような、ヨガ仲間からも祝福されたりね。出来ない人を見ると初心を思い返したり、応援したり、一緒に喜んだりね。

全部私の経験ですけど。思い返すと一つのポーズにいろいろな思い出があります。

できないポーズにぶち当たるたびにこの壁を乗り越えてきましたが、いい加減壁に飽きてきまして、ふと気づいたことは「同じこと繰り返して何になるんだ?」ということ。

壁→乗り越える 壁→乗り越える  の無限ループ。

もちろん人生ってそんなもんだけど、それをヨガの中だけで繰り返すことの意味が私には見出せませんでした。

むしろ、ひとつのアサナを味わいつくすことのほうが私にとっては意味のあることに感じました。

同じシルシャーサナでもバリエーションが沢山あるのは、アサナが変化し、発展していった結果だと思うのです。

アサナありき、ではなく呼吸があって、そこに身体が動いていく。その結果がアサナだと。

シルシャーサナは頭で考えてできるようなアサナでもなければ、感覚頼りでもない。勢いでできなくもないけど、それでは安定しないでしょう。

目指したいのは心地よく長時間頭で立ち続けること。味わって、味わいつくして、次の変化が訪れるまで。



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートしていただけたら嬉しいです。ハズキルーペ買います。

嬉しいです♪
2
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。