訪日外国人向けレストランガイドEatokyo.jpについて

今年の1月から、外国人訪日客向けに英語のレストランガイドブログを立ち上げ、運営しています。このブログを始めるに至った動機を記しておきます。

日本を訪れる外国人数は、ここ5年間で急増しています。2012年には836万人だったのが翌2012年には過去初めて1,000万人を突破しその後毎年増加を続け、昨年2016年にはなんと2,404万人を記録しました。そして政府の最新の目標では2020年に4,000万人、2030年には6,000万人の訪日客獲得を目指しています。

政府の調査によると、日本を訪れる外国人観光客が期待していることのうち第一位は「日本食を楽しむこと」だそうです。世界無形文化遺産にも登録され、一層日本食のプレゼンスは高まっていますのでそれも理解できる結果です。

では、その外国人がどうやって美味しい日本食レストランを探すのか、というと、意外とインターネット上にそれに適したメディアがないんです。

「食べログ見りゃいいじゃん。英語版あるし」

と思ったそこのアナタ!違うんです。食べログの英語版をよく見てもらえば分かりますが、たしかにお店の基本情報なんかは英語に翻訳されていますが、肝心の口コミは日本語のままです。挙句の果てに、先日英語で口コミを投稿したところご丁寧に

「口コミは日本語での投稿をお願いします」

と食べログ事務局パトロールに検挙される始末。ダメだこりゃ。

じゃあぐるなび英語版?でも、ぐるなびって、日本人でも美味しいお店探すときに使います?お客さん接待するときの場所をご案内するのに「食べログだと点数出てて、しかも3.1とかでちょっと微妙だなー」って言う時に、

「じゃあぐるなびの地図ページでも貼り付けとけ」

ていう使い方しかしませんよね?そもそも、ぐるなびは広告モデルですから、本当に美味しいお店がどれなのかユーザーにとっては分かりづらくならざるを得ない宿命です。

ではTripAdvisorとかYelpとかの英語の口コミサイトはどうでしょうか。試しにTripAdvisorで「中央区 寿司」で絞り込んで検索してみました。

一位 すしざんまい築地駅前店
二位 久兵衛 銀座本店
三位 梅丘寿司の美登利 銀座店

これはすごいですね…。まあ、久兵衛は良いとして、寿司のメッカ銀座のある中央区に絞り込んで寿司で検索してこれってどうなんでしょう。いや、いいんですよ、すしざんまいも。安いし。美登利もサバ寿司美味しいですよ。でもね、外国人のお友達が日本に旅行に来て、美味しいSushi食べてみたい、ってなった時にここ連れていきますか?
(ちなみに上記検索結果の第四位は「根室花まる Kitte丸の内店」、第五位は「すしざんまい 本店」でした。すしざんまい検索強すぎでしょ)

TripAdvisorの英語の投稿は当然外国人観光客が書いていて、満足度が高かったということで検索上位にきているわけなので、別にすしざんまいを否定するつもりは毛頭ないのですが、2,400万人もの外国人が日本を訪れる中には、安く済ませたい層もいれば、金に糸目はつけないから美味しいものを食べたい層もいると思うんですよね。

「いかにも観光客向けの店じゃなくて、日本人のグルメが行く本当に美味い店に行ってみたい」

そう思う外国人観光客は必ずいます。実際に仕事で海外からの顧客を迎えての会食の際には、そういった声を耳にします。

政府が観光立国を目標に掲げ、2020年までに4000万人の外国人訪日客を目指している一方で、民間にはそうした「本当に美味しい日本のレストラン」を英語で発信しているメディアがあまりに少ないのではないか

というのが、私の問題意識です。そこで、

一度行けば飽きられるような表面的に外国人観光客向けの店ではなく、必ずしもミシュランガイドには載っていないかも知れないけれど、本当に美味しくておすすめできるレストランだけを英語で紹介しよう

と思いたち、このブログを始めることにしました。

オリンピック開催までに1,000記事投稿を目標にして頑張って書いていこうと思っています。応援頂けると嬉しいです。どうぞよろしくお願いします。

Eatokyo.jp

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

書いて良かった!ありがとうございます。
10

水戸直人

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。