見出し画像

05.どこからが浮気か ー愛の正体ー


愛とセックスは別腹です。
ー 村西とおる(AV監督) ー


浮気は、カップルが別れる大きな原因だ。

CanCamの「彼氏&彼女と別れた原因2019」ランキングでも、「浮気」が堂々の1位を獲得ている。

「彼氏&彼女と別れた原因」ランキング…どちらも1位は意外すぎる理由…

今日は浮気について書いていきたい。


◆どこからが浮気か

浮気の話題になると「どこからが浮気か?」が必ず持ち出される。

ぼくは、「勝負下着を履いて恋人以外の異性と会った時」だと思う。

なぜなら、もし自分の恋人が自分以外の男を「異性」として見ていたら、とても悲しいからだ。

恋人以外の異性と二人でご飯に行くシチュエーションはある。会社の先輩だったり、幼馴染だったり。それだけでは浮気ではないし、全く問題ない。

でもこの時に、勝負下着を着たり、恋人と会う時のようにバッチリおしゃれに決めていたら、それは異性として意識している証拠。

浮つく気持ちを隠せていないのだから、それは浮気なのだ。

画像1


◆別れたいから、新しい恋人候補を探す人

今の恋人と別れたくて、新しい恋人候補を探すために、他の異性とデートする人もいる。

でも、これも浮気だ。

時間の効率性を意識した判断かもしれないが、両者にとって、本当に良い選択とは言いにくい。

そもそも、恋愛に対して効率を求めることが間違っている。
恋愛は二人で育てるバラのようなもので、一本のバラにじっくり集中することで花が咲く。一度に二本同時に育てようとしたら、鉢の大きさが足りず、どちらかが腐るか、二本とも枯れるだろう。

浮気をする人は、孤立感から抜け出すために興奮のセックス を必要とするため、相手にドキドキしなくなったら、また新しい相手と浮気を繰り返すようになる。

恋人と別れたら、リセット期間として、せめて3ヶ月は一人で生活してみることをおすすめする。頭の中も整理されるし、自分だけの時間を使って、新しい趣味を見つけることもできる。


◆恋人がいるのに、別の異性に惚れてしまった人

もし、今の恋人よりも、魅力的な相手が現れて、一目惚れしてしまった場合は、一度冷静になって欲しい。

一瞬の気の迷いなら誰にでもある。

パートナーと長く付き合ってドキドキが無くなったことは、悪いことではない。それは、一緒にいて、安らげる相手になったということ。

そうではなくて、今の恋人と本心で向き合えていないと感じ、もう修復不可能と思うのなら、浮気をする前に、きちんとお別れをしてから、クリーンな状態で一目惚れした相手と再会しよう。

別れる前に、一目惚れした相手とデートを重ねると、どこかで罪悪感を感じてしまうだろうし、お互いのために良い結果にならない。

別れる時は、決して「他に好きな人ができた」とは言わないように。

言われた側は、別れを告げられただけでもショックが大きいいのに、「自分の知らないところで、他の異性と良い関係を築いていたの!?」と余計に傷ついてしまう。

嘘でも良いから、相手のことを思って、言葉を選ぼう。


◆浮気をしない人がしていること

浮気は興奮するシチュエーションに陥らないようにすれば防げる。

オススメは自慰だ(しかし、セックス依存症の人やオナニー依存症の人は例外とする)。

冗談で言っているわけではない。全ての始まりは性欲だからだ。

性欲が生じたとき、その時は我慢したとする。でも、もしその日に恋人以外の異性に出会ったら、性欲のせいでその相手が、2割り増しで魅力的に写ってしまうだろう。こうなってからでは遅い。

空腹状態が続けば、好き嫌い関係なく目の前のものを口に入れるように、性欲も我慢し続ければ、リミッターが外れる。

定期的に自慰をしよう。自慰行為は悪いことではない。

自慰後はスッキリするし、恋人以外の異性と会ったとしても冷静な判断を保てる。

それが嫌なら、スポーツやクラフトワークなどといったドーパミンが出て夢中になれるものに没頭しよう。昇華として、欲望のエネルギーを別の手段で発散させてしまうのも有効だ。

性欲は他の欲と同じく、コントロールできる。










この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございます!励みになります!
3

Ecimo / エシモ

イラストレーター、グッズ販売、東京クイズツアーガイド|蔦屋書店をはじめ、世界20店舗にて書籍 Play Life Channel発売中|ウェブサイト https://yutoyamaguchi.jimdo.com |インスタグラム @ecimo_ts|好きな食べ物:蕎麦とカレー

愛の正体

「愛されたい、幸せになりたい」と誰もが言う。でも、どうしたら愛を感じられるのか、幸せだと言えるのか、分かっている人は少ないと思う。ぼくも、26歳にもなったのに、恥ずかしながら今まで分からなかった。この一年、様々な本を読み、たくさんの人と語り、やっとたどり着いた「愛の本質」を...
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。