『戦わない、生存戦略。』とは。

このマガジンのくくりは、『戦わない、生存戦略。』と名付けました。

これは、『自分なりに生きていくチカラ』をつけていくための『戦略』を考えていくことと、そのうえで『誰とも戦わない』、自分自身の中で戦う『戦略』をテーマにしています。

”合気道”って知ってますか?

『名探偵コナン』で、『遠山和葉』ちゃんという『服部平次』くんの幼馴染の女の子がやっている、武道の一種です。

アニメの様子を見ていると、”相手の勢いを利用していなす”というイメージがあった私。

(相手が殴り掛かるんだけど、向かい合っている和葉ちゃんが、流れるようにいなしてK.O.するんです…!かっこいい!!!!!!!!)


実は本物を見たことがありません。

それもそのはず。”大会”がないんだって。

つまり、『相手を負かして自分が次の試合に進む』という試合形式トーナメントの大会がないそうです。

私も少林寺拳法をかじったクチなので、とっても意外に感じました。

「武術って、相手を負かすものじゃないの!?」

どうやら合気道とは、”他人と比べて順位をつけるもの”ではないそうです。

私も、尊敬する方から教えて頂いたんですが、合気道の目指しているものは、”生きるチカラそのものを伸ばしていく”ことらしいのです。

ちょっと抽象的な話だけど、生きている人のもつ、”気”を感じることが大切らしい。

この”気”というのを、おへそから3本指分下にある”丹田”という場所に集めるイメージらしいのです。

…これって、「自分の中に集中する」ってことだな、と。

この”気”を相手にぶつければまた違う武術の括りになりますが…(カンフーのようなアレですね!)。

たぶん、武術だからまったく相手を傷つけないことはないと思うのだけど、相手よりも何よりも、まず「自分に集中する」。

「自分に集中する」ことで「自分が生きている」実感を”気”で感じて、それをまた自分の中で大きくしていく…そんなイメージを、このお話を聞いてから、持つようになりました。

合気道は武術の一つだから、『戦略』はあると思うのです。

相手を全く傷つけるコトなく済むなんてことも、きっとない。

だけど、本質は『自分』の中にあるし、問題も『自分』の中にある。

そこからすべての関係性は始まっていくんじゃないかなって。


これから多様な社会の海を、たぶんいかだでわたっていかなければいけない私たちの世代は、岸にも陸にも島にもたどり着かないことの方が、多い気がするのです。

たぶん何度も挫折しそうになるし、死にたくなるような苦しい時もあるかもしれない。

そんな時一番頼れるのは、ボロボロのいかだじゃなくて、『自分』であり、自分の持つ、『生きるチカラ』だと思うのです。


『生きるチカラ』といってもそれは人それぞれで。

お金であったり、人間関係であったり、名声や名誉であったり。

千差万別ですが、私自身はこうして発信することが、私自身の『生きるチカラ』になってほしいと思います。

私は昔から特に目立たない優等生キャラだったので、ちょっと人より変わったことをしよう!と思い立った日から努力を重ねて。

晴れて『変人』の称号を頂くようになったのですが。(結果、あんまりうれしくありませんでした…)

それによって、変に人に恨まれたり、競争に加えられたり、いきなり攻撃されたりすることもあって。

なんとなく「生きにくいなー」とも「なんでこんなに人と戦うばっかりなんだろ…」と疲れ果ててきました。それが社会人まで続くようになった時、ほとほと疲れてしまって。

だから、そんな自分だった時に読みたかった、【ちょっと元気になれる】記事を、このマガジンでは書いていきます。


>>戦わない、生存戦略。

ーーーーーーーーーー

人とは戦わない。でも、自分で生きるためには戦略が必要だ。

ーーーーーーーーーー



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

リハビリの勉強と、元気玉のおいしい食べものにつかわせて頂きます🍴🙏✨ありがとうございます(о´∀`о)

その一秒で感動です!ありがとう!ついでにフォローも…!ぜひ…!

戦わない、生存戦略。

誰とも戦わず、自分らしく生きていくのも、戦略が必要だ。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。