【音楽】今いちばんアツいTV番組

去年の末くらいに、あるダンス系ニュースサイトの記事から知った番組「フリースタイルダンジョン」

オーガナイザーはジャパニーズヒップホップ界の父ちゃんことZeebra the Daddy。テレビ朝日で毎週火曜日深夜1時半ころから放送中。

放送された内容が毎週YouTubeにアップされるという、視聴者に優しい制度もあって、どんどん視聴者が増えてきている実感があります(別に私、番組には何の関係もないんだけど!)。

ちなみに、私が初めて観た回は以下の「焚巻VS般若」の回でした。

私は腐女子でありオタクですが、昔からHIPHOPが好きで。ブレイクダンスをやっていたこともあって、ダンスバトルの現場で稀に行われるフリースタイルなどには、若い頃から触れていたのですが。

私がHIPHOPにふれ合っていたような当時って、オタクと”ラップ”って相性が悪かったイメージ。特に学生時代などは、HIPHOPが好きな界隈は「イケてるメンツ」で、マンガやアニメが好きなオタクは「イケてないメンツ」でした。スクールカーストに違いが出てくるような。

また、HIPHOPでは、一般的なオタクのイメージのような、「陰を好んでナヨナヨしているヤツ」はディスられる傾向にあり、オタクと”ラップ”って相性が悪いと思われがち。

ただ、”ラップ”ってひとくくりにしてもいろいろあると思ってて。

そもそも”日本語ラップ”というジャンルに限っては、かなり文化系なものだと思うんですよ。オタクが「スレイヤーズ」の竜破斬(ドラグ・スレイヴ)の呪文を詠唱できるのと同じように、日本語ラップが好きなB-BOYはキングギドラのビートをイントロドンできると思う。

※ちなみに、キングギドラ(KGDR)とはZeebra、Kダブシャイン、DJ OASISからなる伝説的HIPHOPユニット。私はキングギドラ以降のNITRO MICROPHONE UNDERGROUNDからの入りなのですが、その偉大さは存じています。

で、日本語ラップをやる人たちは、HIPHOPの文化的背景やこれまでのビートなどもすごく勉強してるし、そのほかにもリリックを書くのに本などをものすごく読んでいる人も多いです。あと、近ごろの世相を風刺することも多いから、興味の幅も広い。

だから、ラッパーって実はすごくオタク気質な人が多いと思うんですよね。

そんなある意味オタクなラッパーたちが自分の粋を尽くして舌戦するフリースタイル、オタクが観て面白くないわけがないし、すっごい楽しいんですよ。

それを地上波で観られる番組ができたこと自体、テレ朝さんとZeebraさんにマジで感謝したいです。すごいおもしろい番組だから。本当に。

私のTwitterのTLで観ていても、最近フリースタイルダンジョンにリアルタイムで言及する人たちが増えてきていて、とても反響があるように思えます。毎回Twitterのトレンドにも入っている。

個人的には今、地上波で一番アツい番組だと思うんですよね。

あと、般若のバトルが観られる可能性があるというのもデカい。

般若は日本語ラップシーンではもはや若きレジェンドといっても過言ではなくて、孤高の実力派ラッパー。ヴィジュアル系で言うとthe GazettEみたいなもんです(違うかもしれないけど)!

般若は過去に優勝したUMB(Ultimate MC Battle)にて引退を宣言していたのですが、この番組でバトルに復帰ということで、多くの日本語ラップファンがこの番組に並々ならぬ期待をしていたのです。だからこそ、公の場で般若がフリースタイルをした第9回の「焚巻VS般若」戦はとてもレアな回になったのです。

このように、日本語ラップ・フリースタイルとは、知れば知るほどとても奧が深い世界だと思うんですね。

この番組を機に、日本語ラップにハマるオタクたちが増えるといいなぁーと個人的には期待しています。もし良ければ、一緒にフリースタイルダンジョン鑑賞会してバトルに対していろいろ感想言い合ったりしましょうね!!



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

5

editorT

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。