見出し画像

プログラミング学習サービスが流行り、ビジネスとしても有望だと思う理由【ポジショニングマップ付】

 初めてnoteに投稿をします。EdTech Mediaという教育×テクノロジーに特化したWebメディアと、Education Careerという教育分野に特化した求人・転職サービスを運営しています。並行してnoteでも記事の配信を行っていきます。基本的にnoteではボリュームのある有料記事を配信し、無料の記事はEdTech Mediaに掲載を行う予定です。

第1弾は、プログラミング学習サービスに関してです。

 プログラミング学習サービスは近年非常に盛んです。小中学生をターゲットにしたものから、高校生、大学生、社会人まで年代問わず多くの方に向けたサービスがリリースされています。

 4月からはNHKが子供のプログラミング学習番組「Why!?プログラミング」を始めるほど注目されています。

 サービスの形態も、従来の塾のようなスクール形式のものや、一定期間だけ特定の場所で行うワークショップやキャンプ形式のもの、オンラインでの動画やコンテンツで学習するもの、あるいはそれを組み合わせたものなど多くのサービス形態も登場しています。

プログラミング学習サービスが流行している背景

ではなぜ、プログラミング学習サービスが流行しているのでしょうか。

以下3つの理由があると考えています。

⑴ IT人材の不足(市場の要請)

 現在ではどの領域においてもインターネットと切り離して考えることはできません。急速な発達に人材の供給が追いついておらず、プログラミングが出来る、技術に明るい人材というのは世界中、どの業界においても不足しています。

 そういった人材の必要性からプログラミング学習サービスが生まれているというシンプルな構造です。

⑵ 自分でサービスを作ってみたいという思考

 今は昔に比べて、もの・サービスを作るコストが圧倒的に下がっています。プログラミングスキルさえあれば、それこそ簡単なサービスやプロダクトであれば数時間で作れるようになっています。

 実際に自分で作っている人が増え、そういった話が広がるにつれ、自分もやってみたい、自分にでもできるのではないかと考え、プログラミングを学習したいと思う機会が多いように感じます。

 小・中学生や、起業したいと考えている人などはこういった理由が多いのではないかと思います。自分で何かを作ってみたいという方が多くなり、その要請に応える背景として盛り上がっているように感じます。

⑶ 将来に対する不安

 最近、囲碁の世界ランカーがGoogleの人口知能AIに敗れたニュースが話題になりました。

参考)「囲碁の謎」を解いたグーグルの超知能は、人工知能の進化を10年早めた(WIRED)

 こういった人口知能の急速な発展、インターネットの普及、止まらないグローバル化によって、仕事を奪われるのではないか、収入を増やしたり維持し続けるのが困難になるのではないかという不安が広がっているように感じます。 この不安を解消するため、IT技術を身につけるプログラミング学習が流行しているのではないでしょうか。特に学歴・スペックの高い文系学部出身の方に多くいらっしゃる気がします。

 これは英語分野と非常に似た構造なのではないかと考えています。英語においても、グローバル化が進むにつれ、英語くらいできていないとマズい、仕事にありつけない(良い収入を得られない)といった考えが広がりました。こういった不安と共に英語の学習サービスが伸びた背景はあると思います。この「英語」にが「プログラミング」に変わっているということなのではないかと考えています。

 今すぐにできなきゃいけないわけではないが、今のままだと不安だからなんとなくプログラミングを学んでおこう。そういった意識の方は多いのでしょう。

 上記のような背景でプログラミング学習サービスが盛り上がっています。

国内プログラミング学習サービスのポジショニングマップ

以降は、有料コンテンツとして公開しています。このノート単品を800円、もしくは2000円のマガジンをご購入いただくと閲覧が可能です。マガジンをご購入いただくと今後更新予定の有料コンテンツも全てご覧になっていただくことが可能です。

このnoteの続きは以下のようになっています。ご購入いただくと続きがご覧になれます。

・国内プログラミング学習サービスのポジショニングマップ
・象限毎のプログラミング学習サービスの解説
・スクール、教室運営のビジネスモデルについて
・プログラミング学習サービスは儲かるのか?
・プログラミング学習サービスが儲かる理由

この続きをみるには

この続き:4,336文字/画像6枚
この記事が含まれているマガジンを購入する

EdTech Mediaの編集長が、国内外のEdTechにまつわる内容を公開します。定期的に更新を行っていく予定です。

または、記事単体で購入する

プログラミング学習サービスが流行り、ビジネスとしても有望だと思う理由【ポジショニングマップ付】

EdTechにまつわるノート

800円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

7

EdTechにまつわるノート

EdTechの領域に関連するノートを更新します。教育×テクノロジーに特化した「EdTech Media」、教育分野に特化した求人・転職サービス「Education Career」を運営しています。

EdTech にまつわるマガジン

EdTech Mediaの編集長が、国内外のEdTechにまつわる内容を公開します。定期的に更新を行っていく予定です。

コメント2件

この情報レベルだと、800円は高いです。
とても参考になりました。
この記事の内容も更新/アップデートがなされるかと存じますが、いつごろになりますでしょうか?特に国内外事例のこのモデルの事例、リスク等があれば知りたいです。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。