青木詠一

優しさ/悲しみ/人間関係/接客/クレームを描いたエッセイ「それでもお客様は神様ですか?」(大和書房)を出版「いくつもいくつも咲くために。言葉は小さな葉っぱなんだ」をテーマに今を生きる心のエッセイ・詩・写真を公開中。日本能力開発推進協会のメンタル・上級心理カウンセラーの資格を取得。
固定されたノート

与えて、与えられて。

夕方、本屋から帰ってきたときのこと。 うちの奥さんがカッターシャツにアイロンがけをしていた。アイロンがけが作り出した独特のあたたかな空気の匂いと窓に映るきれいな...

1

あきらめたくない。

この頃、いろんな問題を抱えていた。どれも私の間違いによるものだからどうしようもない。ある人が、私に対して怒っていた。具体的には書けないけれど、私の準備不足でその...

2

大人たちの後悔と天使の笑顔と。

まだ、私が電器売場店員だった頃の 今も忘れられない大切な夏の思い出です。 ・・・・・・・・・・・・・・・ それは、扇風機の配達の件だった。夕方にお客様から電話が...

0