あの頃の君に伝えたいこと【想い出】

71
ノート

星降る朝。

今はもう、1年に1度くらいしか帰れないけれど、私は自分の生まれた家に帰るとまず、家の窓から...

夏の夜の海。

ずっと、ずっと若かった頃、まだ一人暮らしをしていた頃のこと。夏の夜の海を見に行くことがあ...

あの頃の夕暮れの中で。

どうでもいいことをふと、思い出すことがある。 あれは、なぜだったんだろう・・・とほんの少...

Re:それでも後悔しながら生きてゆく。

「誰か肩を叩いてくれ・・・」 あの頃、肩こりのひどさに悩まされていた父だった。でも、ヘッ...

唯一のトモダチと欠落した心。

気づけばこの私には、この現実の世界に友達と呼べるような人がまったくいない。(noteの世界で...

あの頃の初恋。

今ではもう、遠い街で仕事に頑張っている娘だけど、娘が中学3年生くらいだった頃、知らないう...

どこでもないどこかであるように。

休みの日に、近くの温泉に行った。私は週に一度は温泉に行くくらい温泉が好きだ。自分をリセッ...

願いが叶っていた頃。

私は山口の小さな田舎で育った。本当にそこはとても静かな場所で、川と山がとてもきれいに見え...

カギっ子だった僕と君の声。

あれは僕が小学3年くらいの頃だったと思う。 あの頃、カギっ子だった僕は、学校が終わって家...

懐かしい人。

「なんでお前がここにいるんだ?」 いきなり売場で声をかけられた。「えっ?」と私は思ったけ...