空想物語/ロートルな自家焙煎珈琲豆店、EK珈琲店のこれから

地方の「とある田舎町」、その「とある田舎町」で、家族経営のコーヒー豆自家焙煎店「EK珈琲店」が商売を営んでいます。喫茶店と焙煎コーヒー豆の小売業務を営んでいて、その町の人々には、ほんの少しだけ知られた存在ですが、その町から一歩外に出ると、その「EK珈琲店」の名前を知る人は、ほとんどありません。
EK珈琲店はエカワ珈琲店をモデルにした架空の珈琲屋さんですから、エカワ珈琲店がこれまでに積み重ねて来た失敗経験を基にして、「EK珈琲店のこれから」のマーケティング戦略を模索してみました。何かの参考になれば幸いです。

この続きをみるには

この続き:5,012文字

空想物語/ロートルな自家焙煎珈琲豆店、EK珈琲店のこれから

ekawacoffeeの珈琲ノート

200円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。