北米大陸で発生した「コーヒー第3の波」について/エカワ珈琲店の解釈

エカワ珈琲店感覚では、『コーヒー第3の波=スペシャリティーコーヒー』でしたが、それは、北米大陸で発生した「コーヒー第3の波」の一つの側面にすぎないのだと、最近考え始めています。

『スペシャリティーコーヒー』というキャッチフレーズにプラスして、コーヒーマシーンのメンテナンスサポートやスタッフのトレーニングプログラム、ホームページ作成サポートなどのマーケティングプログラムを取引先に提供して、その信頼を獲得することで、喫茶店・レストラン・高級食料品店向け業務卸(ホールセール)事業で躍進を遂げたコーヒー豆焙煎会社(コーヒーロースター)の活躍を「コーヒー第3の波」と呼んでいるのだと、最近(2016年)のエカワ珈琲店は解釈しています。

「コーヒー第3の波/サードウェーブコーヒー」は、喫茶店・レストラン・高級食料品店向け業務卸(ホールセール)事業を主体とする、北米大陸の各地域を拠点とする中小コーヒーロースター(コーヒー豆焙煎会社)の躍進現象、それがこれまでの「コーヒー第3の波/サードウェーブコーヒー」現象だったのだと解釈しています。

日本でも、喫茶店ブームが発生した1970年代、1980年代に、地域のコーヒー豆焙煎会社が我が世の春を謳歌していた時代があります。喫茶店向け業務卸が主体のコーヒー豆焙煎会社と、「コーヒー第3の波/サードウェーブコーヒー」現象で躍進を遂げたコーヒーロースターのビジネスモデルは、大変よく似ているのだと思います。

この続きをみるには

この続き:4,031文字

北米大陸で発生した「コーヒー第3の波」について/エカワ珈琲店の解釈

ekawacoffee

150円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

1

ekawacoffee

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。