コーヒー抽出液保存中の酸度上昇

コーヒー抽出液は多成分の化合物で構成されています。そして、その化学構造は、コーヒー抽出液を構成する化合物の数よりも少ない官能基団(CH2、OH、COOHなどの官能基のグループ)で構成されています。

淹れたコーヒー抽出液を保存して置くと、コーヒー抽出液は、この官能基団の影響を受けることでコーヒー抽出液中の化学変化が発生するのだろうと考えています。
保存中のコーヒー抽出液の劣化原因の大半は、この化学変化に起因しているとも考えています。

コーヒー抽出液の保存中に発生する化学変化ですが、コーヒー抽出液中の成分分子の大きさと官能基団(官能基のグループ)の影響を受けていると考えいるわけです。
「コーヒー抽出液保存中の酸度上昇」でも、当然、このメカニズムが働いていると考えています。

この続きをみるには

この続き:2,528文字

コーヒー抽出液保存中の酸度上昇

ekawacoffeeの珈琲ノート

150円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。