見出し画像

2019年4月8日 今朝の一枚

世田谷記録会をスタンドで観戦していると、
隣にいた東京国際大松村拓希コーチが
「明日は鴻巣の関東私学六大学対校に来られませんか?
 3000mで東洋大の相澤選手とうちの伊藤が走るのです。」
あ、いや、明日は家でのんびりしようかと思ってて、
ほら、帰りの環八が混むんですよ。。。
「昨年、この大会の5000mでは伊藤が相澤くんに勝ち、
 先日の学生ハーフでは相澤くんが1位で伊藤が3位。
 明日の3000mは1km2分40秒が設定ですから
 見ておいて間違いないです。」
と、畳み掛けるようにおっしゃるので、行ってきました。鴻巣へ。
結論からいくと、行ってよかった鴻巣。(遠いけど)

「ここまで来るのは珍しいですね」
と現れたのはスポーツ報知の竹内達朗記者。
あ、そうなんです。ちょっと強めにお誘いをうけまして。

竹内記者は東洋大学陸上部OB。箱根駅伝も走ったこともある長距離選手。はじめて竹内記者のことを知ったのは、2011年の青梅マラソン。10km40歳台の部で竹内記者が優勝!そのときのユニフォームが東洋大学のものだったのです。(山岳コースの青梅だけに、Tシャツにアームウォーマーをつけた箱根5区仕様だったのもよかった。)それだけ、母校愛も強いランナーであり、記者でもある竹内さんが鴻巣にいるのは当然。もうひとりのスポーツ報知の記者太田さん(元順大主務)は国士舘記録会へ。スポーツ報知の布陣はすごいのです。
おかげで、すべてのレース。竹内さんの母校のOB的視点解説つきで観ることができました。
「この時期にしては、ちょっと脚が太いですね。」
「故障明けみたいだから、今日は大丈夫かなあ。」
「相澤、オーラを消して登場しましたね。」
竹内記者の新聞の記事にはならないかもしれないけど、
つぎつぎと溢れ出るネタをBGMにトラックを観戦する。
これがとてもとても良かったのです。
こういう配信があると、見ているほうも楽しいだろうな。

さて、実際のレースは3000mの直前に気温がぐっとあがって
目標タイムは出なかったけど、
レース序盤は必死に前を行く伊藤。
そこに余裕をもってつき、ロングスパートをかける相澤。
いったん、大きくつきはなすも、ラストスパートでは
させるんじゃないか?!という追い上げを見せた伊藤。
トラックを中だるみなく、集中して楽しむには
3000mという距離と時間はちょうどいいのかもしれません。


そしてレース詳細については、竹内記者の記事にまさるものはありません。
こちらをどうぞ!

竹内記者の記事にもありますが、相澤選手の金栗5000m→延岡10000m→日本選手権10000mへの過程は見もの。5月の延岡が涼しければいいんですが。東京オリンピックを10000mで狙うとなれば、ユニバーシアードが7月。世陸は9月末。ドーハ狙ってもらいたいなあ。そうなると、ドーハ終わりで、すぐ出雲だから難しいかな。


さて、今朝の一枚は同じく3000mに出走した東洋大西山和弥選手。
8:27.51で7位。左足が靴ずれをおこしたようで、
途中、スパイクのかかとを出して走りきりました。


つまりつっかけを履いて全速力でトラックを走ったようなもの。
よく最後まで走ったよなあ。ほんとに強い。
靴を脱がせてもらいながら、
あの甲高い声で「身体はすごく動いた!」と言ってましたから
調子は上向きなのでしょう。
それでは今日もよい一日を。

月刊EKIDEN News編集部はこちら。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートと激励や感想メッセージありがとうございます!いただいたサポートは国内外での取材移動費や機材補強などにありがたく使わせていただきます。サポートしてくださるときにメッセージを添えていただけると励みになります!

サポートしてあげるのはこれが最初で最後です。(田村和希・福岡クロカン)
375

EKIDEN News

長距離レース(陸上競技)会場にノコノコでかけては観たこと、感じたことをシェアしていきます。https://twitter.com/EKIDEN_News LINE@ID:@ofw0509s FB:https://www.facebook.com/ekidennews/

EKIDEN News 今朝の一枚

朝刊代わりに一枚の写真とEKIDEN Newsコラムが届きます。
1つ のマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。