見出し画像

2019年2月7日 今朝の一枚

大迫傑選手が東京マラソンの調整のために走ったSurf City Half Marathonでコースレコードを出して走ったニュースが入ってきまして。このハーフマラソンで、ほぼ同時にゴールしたのは旭化成の鎧坂哲哉選手。

昨年もシカゴマラソン前は二人で練習している姿がNumeberDoでとりあげられていたりしましたが、今回の東京マラソンでは鎧坂選手はペースメーカーとして走ることがすでに報じられている。練習パートナーがペースメーカーなわけですから、お互いのリズムもあわせやすいでしょうし、東京マラソン本番は外国人ペースメーカーの安定しない走りに左右することなく、いつもの練習のように30kmまでオートマチックにたどり着けるんじゃないか。そこからタイムや順位を狙う走りに切り替えることができれば、タイムだけでなく、順位もかなり期待できそうだなと思ったわけです。例年、東京マラソンでは36km地点にスピーカーを持ち出して応援しているのですが、今年はゴールも見たいなあ。明日のTrack Town SHIBUYAには東京マラソン早野忠昭レースディレクターがゲストでやってくるので、早野さんが考えるシナリオをじっくりうかがいたいと思います。

さて、今朝の一枚はジャマイカの短距離選手Shelly-Ann Fraser-Pryce選手。世界陸上3連覇がかかった2017年に出産、昨年からレースに復帰、ダイヤモンドリーグロンドンで1着に入り、いよいよ復活の手応えを感じたであろう瞬間。

北京世界陸上は圧倒的に強すぎました。北京世陸はボルトと彼女の大会でしたね。

1年でこのトップコンディションまで戻してくるのは、大変だったんだろうなあ。引き締まったお腹をみてそんなことを思ったのでありました。彼女もドーハ世陸を経て、東京オリンピックにやってくるはず。
それでは今日もよい一日を。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートと激励や感想メッセージありがとうございます!いただいたサポートは国内外での取材移動費や機材補強などにありがたく使わせていただきます。サポートしてくださるときにメッセージを添えていただけると励みになります!

ちょっと日本記録出してきた(荒井七海が1マイル3分56秒60を出して)
296

EKIDEN News

長距離レース(陸上競技)会場にノコノコでかけては観たこと、感じたことをシェアしていきます。https://twitter.com/EKIDEN_News LINE@ID:@ofw0509s FB:https://www.facebook.com/ekidennews/

EKIDEN News 今朝の一枚

朝刊代わりに一枚の写真とEKIDEN Newsコラムが届きます。
1つ のマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。