2019年1月27日 今朝の一枚

朝から、飯能日高ケーブルテレビによる
奥むさし駅伝のネット配信を見ております。

(27分過ぎたところから駅伝中継映像に変わります)
一般の部リザルトはこちら。
高校生の部リザルトはこちら。

日本テレビの箱根駅伝中継に比べると、とても牧歌的な生中継なのですが、映像からは、レースそのものだけでなく、「頑張ればなんとかなる!」という作り手の思い、そして裏方の努力や熱意が伝わってくる生中継となっています。これまでは各中継所からのタスキ渡しだけの生中継でしたが、今年は先導車両にカメラと配信機材をつみ、レースの模様をあますところなく配信するという、飯能日高ケーブルテレビ、悲願の完全生中継が実現したそうなのです。中継所からの中継は電源もネット回線も確保しやすいですから、技術的にもそこまで難しくないですが、移動しながら途切れることなく、映像と音声を送り続けることは難しい。これだけでコストがドーンと跳ね上がります。このコスト増をまかなうために「1口いくら」みたいに地元のみなさんにスポンサーを募ったのでしょう。スポンサー名が次々と表示されます。CM素材をそのまま流しちゃうとレースの流れが途切れてしまいますから、このあたりも飯能日高ケーブルテレビの工夫が感じとれます。ネットでは、「ああすべき」「こうすべき」と、いろいろツッコミがはいってますが、それ、製作者側も限られたリソースの中で全部検討してますから(笑)ファンとしては、やいやい言わずに見てもらえる人を増やせるよう広めること。それが一番大事かなあーと思うのです。「こんなに手間をかけてこれだけしか見てもらえなかった」となっちゃうと、まずはスタッフが超萎える(涙)そして、「費用対効果にあわなかった」ということで、来年はできなくなっちゃいますからね。EKIDEN Newsでもイベントや配信を行ったりすることがあるので、配信や生中継を見ていると、レースだけでなく、裏方の努力や熱意も気になってくるのです。

さて、今朝の一枚は祈る宇賀地強選手。これまで駅伝やマラソン・トラックで宇賀地選手の祈りをたくさんみてきました。レース前に祈るのは宇賀地選手のルーティーンみたいなもので陸上ファンには広く知られてるもの(ですよね)と思ってるんですが、こういうシーンはテレビ中継には全く映らないですよね。ということで、EKIDEN Newsでは現地観戦して、レースそのものは録画したものを見返すことが多いのです。


それでは今日もよい一日を。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートと激励や感想メッセージありがとうございます!いただいたサポートは国内外での取材移動費や機材補強などにありがたく使わせていただきます。サポートいただいた方にはEKIDEN Newsの中の人から過剰なまでのお礼メールを雛形ではなくお送りする予定です。

サポートしてあげるのはこれが最初で最後です。(田村和希・福岡クロカン)
311

EKIDEN News

EKIDEN News 今朝の一枚

朝刊代わりに一枚の写真とEKIDEN Newsコラムが届きます。
1つのマガジンに含まれています

コメント3件

宇賀地選手の祈り、知らなかったです!素敵なルーティンですね。
祈りの写真。たくさんありますw
奥むさし駅伝、私も見ました。やっぱり最初はカメラ揺れてるなーとか、解説者とアナウンサーの息合ってないなー、とか色々気になったんですが、この記事を読んで確かに日テレ並みのクオリティを求めるのはおかしいし、一生懸命やってくれた作り手側の皆さんに素直に感謝すべきだなぁと思いました。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。