見出し画像

「聞く」も練習。

「二十八歳、独身、女性、黒いワンピースに黄色のパンプスをはいています。胸に、バラのコサージュをつけています」。


あなたは、この女性をどのようにイメージしましたか?



プロカウンセラーの聞く技術 
東山 紘久


この質問を100名以上の成人男女にした結果、7割の男性が女性の髪は長いと感じ、8割の女性は、この人と友達にはなりたくないと答えたそうです。

ですが、この問いには正解はありません。あえて正解があるなら「わからない」が正解です。

(抜粋)



この本を読んで、言葉を素直に受け取るということは意外と難しい・・と感じました。


普段から友人の話を聞いても、自分の意見を伝えたり、途中で自分が話過ぎてしまうことがあります。そして、結局お互いの話をほぼ覚えていない・・。(苦笑)


相手の話を聞けるようになると相手も気分が良いし、自分も気分も良いし、結局自分の話をずっと聞いてもらうと相手の話も聞こうという姿勢が生まれます。ということは、自分の話を聞いて欲しかったら相手の話を聞くことが一番の近道なのでは?


人前で話す練習をする機会はありますが、「聞く」練習ってする機会がない。ほったらかしにしていたなぁと改めて思いました。


「聞く」技術。身に付けておいて損はなさそうです。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

2

ekumi_sasaki

東京都在住/1990年生まれ/人材業界でWEBサイト運営の仕事をしています/幹事は趣味/図書館に出没/ギター練習中/恋活/婚活/心理学/瞑想/マインドフルネス/ファッション/アート/日々勉強
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。