見出し画像

お友達が欲しいけれど、とっても臆病なんだよ

少し、個人的な話を。

私のミスiDのプロフィール見たことありますか。私は恥ずかしくてあんまり見返せないんだけれども、久しぶりに覗いてみたらこんなことが書いてありました。

一方で私はとても人間に臆病な面もあります。私の発言が誰かの運命を変えるのが怖い、芽を摘んでしまうのが怖い、その人の禁忌に触れるのが怖い、今これを読んでるあなたのことを私は本来微塵もわからないのです。人間は独りでは生きられないのと同じぐらい隠された(誰の?誰から?)悪を注意深く拒まなければならない。とても難しいと思います。

ずっと友達が欲しいから受けた、とか、各所で言っているけれども、これからするのは実は私にはこんな面もあるというお話です。あまり、対面で言うと嘘くさくなってしまうので。こういう所じゃないと言えないなあと思って、あまり個人的な話をするのは得意じゃないんだけど、してみます。

ミスiDで着実に友達を増やしていけている私は多分ある人から見れば「気さくで話しやすい」だしほかの人から見れば「友達ごっこがうまい」だろうし、いずれにせよ「友達が多い方の部類」という印象があると思う。実際に自分でも確かに気づいたら人より友達が多いなんてことよくある。

だけれども、多分人よりも人間関係に臆病だと思う。本当に。

進路を機械科に決めた理由は主に二つあって、一つは理系科目は自分では勉強しないから(今考えると、自分からは勉強しないことを大学に教わろうとするのは愚かな選択だったわけですが...その話はまたいつか。)ということと、もう一つ人間に対して臆病だったからである。
前者の理由で理系に進むことを決めた私は、もともと数学とかそんなに大好きではなかったので理学部は眼中になかった。だからじゃあほかの学部に進むとしたらと考えたときに、建築は家なんてそうそう建てられるものじゃないから人のそんな大事なものを作るなんてごめんだと思ったし、化学は多動だから薬品をこぼして浴びて死ぬって思ったからだし(これは臆病さはあまり関係ない)、医学部なんてほかの人の命に直で関わるからそんなの耐えられなくて無理だし、そもそも文系だったとしても経済だって怖いから自分のためにしか知識を使いたくないし法律だって色々事件が起きた時点で大変なのにわざわざそこに介入したくないし弁護なんてなおさらだって思ってた。機械は自分が面白そうだって作ったものが面白そうって思う人だけに渡るって勝手に思っていて選んだ道だったんだよね。
だけれども機械だって、作った飛行機が壊れてたくさんの人が死んだり、戦車を嬉々として作る先生を見たり、なんかダメって拒否反応が出てしまって、結局モノの見方が分かるというあまりあからさまな直接的作用をしない社会心理学を専攻にするイレギュラーな進路に転向したわけですよ。ブレないね私。

塾講をしていても、こんな発言して生徒を失望させてしまっていたらどうしようとか帰り道で反芻してしまう。家にいても親が寂しがってるかもしれないと夜遊びができない。

ミスiDで仲良くなった星絵里香ちゃんという子がお泊まりした時に「みんなを幸せにしたい」って思って将来を見据えている話をしたのに対して、私は結局目指すところはおんなじだと思うのだけれど「傷つける人を最小限にしていきたい」という視点からモノを見ていた。だからあまり社会とガッツリ関わりのなさそうな資本主義からそこそこ距離のある研究者になりたいわけだし。

他人の気持ちなんて永遠に完全に理解できないのかもしれないけれど、わかんないならわかんないなりに悩んで悩んでたまには自分で自分の首を絞めて動けなくするようなささやかな自傷行為なんかもしてその結果今の私がいるのかもしれない。

自分の話ってオチがつきにくいね。つまりはタイトルの通りなんだもん。それ以上でも以下でもない。でも多分誰かといる時にはあんまり伝わりにくいと思うから。

ところで星絵里香ちゃんとそんな見え方の違いの話をしていたら、ミスiDに出ているハムスターの息子に産まれて良かったちゃんに「でも、人を傷つけないことを考えすぎるとなにもできなくならない?」って言われて、確かに理論ではそうなんだよなぁと思った。考えさせられたんだけれども、でもそこまで追い込まれてるわけじゃない。じゃあ私を積極的に駆り立てるものはなにっていうのはまた次のノートで

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがたすぎる
12

Δゆら

わせだ、大学3年生
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。