見出し画像

カメラテスト

カメラテストを受けてきました。

私はピリピリした雰囲気が苦手なのでできるだけ手あたり次第いろんな人に声をかけていたのですが、不審な動きで近づく私を拒絶しないどころか受け入れてくださりありがとうございました。

ただ、反省がありまして、それは私たちの控室での笑い声が誰かを傷つけていなかったかどうか気になっています。私は視界に入る全員がうまくいってほしかったので、もしそのような思いをした方がいましたら申し訳ありません。私には悪意が無いという事だけ知っていただけたらありがたいです...。そして次お会いするときは仲良くしていただけることがあればとてもうれしいです。(別に合わなかったら仲良くしなくて大丈夫です!距離感大事なので!)

カメラテスト自体は、あみだくじを引いて当たった質問に私がその場で答える形式をとったのですが、その時に存在した私はそれ以上にも以下にもなれないので特に後悔はありません。多分なんだかんだド緊張していたので記憶が飛んでいて思い出せないだけなんですがね...。審査員の方の「ミステリアスさが深まった」という言葉が、なかなか慣れない言葉だったので新鮮な気持ちでした。多分私にとって当たり前すぎて何かわからないたくさんの要素が、いろんな人には当たり前じゃないんだろうなと改めて痛感しました。埋めきれない行間と揺らぎみたいな。

最後に、審査員の皆様や運営の皆様、そして共に綱渡りを渡り切った私に関わってくださったエントリーしている方々、素敵な時間をありがとうございました。素敵空間は虚構ではなく確かに現実でした。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございます
3

Δゆら

わせだ、大学3年生
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。