見出し画像

世界に風穴を開けるため

生きてて、どうにも生きにくいとか思う人は少なくないと思う。私だってそのひとりだし。

どうやったら生きやすくなるのか、一つ、自分のことをノーマルだと思えたらそれはとても生きやすいと思う。常にあなたは大丈夫正常な状態で何の問題もないですと声をかけてもらって自分でもそうやって確信出来たら多分めちゃくちゃ生きやすい。けれどそんなことできるかバカ!!ばかばか!!

私は運よく寛容で多様性が放置されながらも奇跡的なバランスを保っている環境で育ったから確信している。ノーマルという概念の押しつけが無ければ、考え続けなくちゃいけないけれど、全体としての幸福度は上がる。では、その輪から外れてしまった人はどこに居場所があるのだろうか?

生きてるだけで偉いみたいな何もかも考えることをやめたような全肯定はめちゃくちゃ苦手だけど、一つ確実なのは私がこんなに答えのない問題を考えるだけで一見自分から苦しんでいるように見えるかもしれないけれど絶対に誰かにとってなんらかの生きやすくなる道が開けてくることだ。
誰も自分がまっとうな正常人間だなんて思ってないと思いたい。だから本当は何が正常かなんて脳みそから生まれた虚構なのに、あなたは機能していなくて頭がおかしくて問題だらけの不良品だという事実を喉元に迫るような世界の狭さを突破したい。誰が何に悩んでいるとか、こういう人を救いたいとかそんなたいそうな願いじゃない。私は誰かのことを正常だなんてジャッジを突きつけるようなことはしない(ように気を付けている)し、人はみな孤独な存在だから、同じ世界に住もうとするとびっくりして戦争しちゃうのでそんなことはしない。その代わり、もしかしたらあなたが息をしてもいいと思えるような世界の見方の提示ができるかもしれない。多分この私がこうやって見えてる世界をどうにか伝えることが誰かの世界に風穴を開けられると思う。振り返ればそうやってお互いを尊敬しながらうまくやってきたと思う。おそらく”変わっている”であろう私がこうやって曲がりなりにもまっすぐ立っていることがその証明。
だから、これが届くかわからないけれど、私がいることで誰かの世界を違う角度から開いていけたらうれしいなと思います。頑張って実は一般化しようとしてるノートの今までの文章だって一つのモノの見方でしかないけれど、私にしか見えてない世界あなたにも覗けちゃうかもよ?それで穴なんて開かないと思ってた世界に新しい風の気配がするかもよ?なんだか生きにくい人達、自分の人生が金字塔になれますように!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

うれぴい!
8

Δゆら

わせだ、大学3年生
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。