見出し画像

音楽をつまみに酒を飲む

どうも〜!書きたいことがあったのでメモ。
私は音楽が大好きで、体が勝手に動くどころか、会話してて音楽が頭の中でかかってしまうと会話が停止してしまうくらい好きなんです。昔から音楽を純粋に楽しめて、自由に踊って良くて、知らない曲でもフランクに行ける場所なんかあったらいいなと思ってて、そこでもし人と仲良くなれてその熱さを共有出来たら最高だなって思ってたんですが…見つけてしまいました…それは…

クラブでした!!

みなさん、クラブってどんなイメージですか?私のイメージはなんか湘南の海で夏に現れるようなお姉さんやお兄さんが暗い中でもサングラスを外さずに露出高い服でセクシーに踊るってイメージで、めっちゃビビってたんですよね。私全然そんなタイプじゃないし。

結論を言うと、つまりはそういうクラブもあるがそうじゃないクラブもある!ということ!

私が今回行ってきたのクラブのお名前は青山蜂!外観はこんな感じ!

はじめてだったので誰もいないし落書き怖いしめっちゃびびって、場所わかんなかったってことにして帰っちゃおうかなとも思ったけど、ここで行かないともう次はないぞ!と思い腹を括ってひとり突撃!
なんと私は19:00startのイベントの開始15分前とかに来てしまっていたので、まさかの私しかいないというかそもそもまだ入場時間じゃないという衝撃の事実をクラブのお兄さんに告白される。しかし、お兄さんはとても優しいので寒いから中で待ってなと入れてくれて、そっからご歓談タイム。

あれ…もしかして、、、めっちゃアットホーム??

お兄さんと表記したけどおそらく40歳弱(間違ってたら超申し訳ない)のちょっと一見いかつめの方で、でもフラットな感じで接したいから同い年だよ〜とか冗談言ってもらったりしたりして…

え…めっちゃ優しいのでは…??

そうこうしてるうちにイベントがスタート。人がじわじわと増えてくる。四つ打ちビートに体を揺らして、目が合うとみなさん快く会釈してくれてそこから会話がはじまる。何してる人なんですか、とか、学校帰りですか、とか。私、人と話すのめちゃくちゃ好きなので、とにかく楽しい。もちろんナンパとかなかった!女性でも男性でも仲良く話して踊って乾杯して本当に平和…。
踊るってのも私は全然ダンスの知識とかないから左右に揺れたり適当に足踏みしてるだけなんだけど、本当にそれだけ!思うままに動くだけ!
ミラーボールに反射した光がくるくる回って、スピーカーからじゃなくて部屋全体が音に包まれて、ここだけ世間から切り離されてここちよく宙に浮いてるみたいでした。

あと、クラブが地上にあるおかげで外の景色が見えて、脳内と同化したような音楽がすぐ側にある日常のBGMになっていく感覚が不思議な気持ちでたまりませんでした。外は工事中の看板が光ってて、それすらも私たちのために用意されたネオンみたいだった。

乾杯して踊ってお喋りして、音楽をつまみに酒を飲むという表現が1番近いのかな、、、とても自由度が高くてみなさん優しくて、青山蜂はクラブの中でも20年以上続く老舗らしいんだけど、これは確かに紳士淑女の遊び場として人と人が沢山出会ってたんだろうなって嬉しくなっちゃいました。私の遊び場は居酒屋でも駅前のロータリーでもなくここだな…と…!!

また、この日のような素敵な夜に出会いたいものです。
もしこの記事を読んでいる人の中で興味ある人がいたら声かけてください、一緒に行きましょ、それで仲良くなりましょ!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございます
53

Δゆら

わせだ、大学3年生

#音楽 記事まとめ

楽曲のレビューやおすすめのミュージシャン、音楽業界の考察など、音楽にまつわる記事をまとめていきます。
1つ のマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。