えりさる

自分がやりたいことは、目の前のことを一つ一つ大切にしていたら、繋がっていく。自分と向き合い、他者と向き合い、素直にまっすぐ表現する心地よさ、生きやすさを探求中。 福岡/つくば/musical/improv/インプロ集団MOSAïQUES/art/親支援/発達障害/ドラマスクール
固定されたノート

「子どもの主体性を伸ばす」ためには

私は仕事がら子供の意思を聞く場にいることが多い。 「 自分の想ったことを言っていいよ」 「 好きなこと、やりたいことをしていいよ」 そこで多く見られるのは、 フリ...

相手と向き合うことで自分と向き合う

お久しぶりです。 今日は昨日のドラマスクールのことを。 高校生が 「◯◯ちゃんと向き合うときは気楽で緊張しないけど、□□ちゃんと向き合うときはあまり話したことが...

感じたことを言葉にすることの意味

リフレクションのワークショップへ行ってきた。 リフレクション【reflection】 ① 反射。反映。 ② 内省。熟考。 昨日はインプロ(即興芝居)のワークを通して自分が感じ...

表現に正解はない(ドラマスクール1回目)

日曜日はドラマスクールの第1回目だった。 ドラマスクールは、表現コースとシアターコースに別れている。 表現コースは、小1~小3の子どもたちとドラマスクール初参加の子...

安心感は身体のふれあいから

子どもの輝く居場所づくりワークショップ5回目。 いつもやんちゃで態度も声もでかいT君が、今日は珍しく色んな人の膝に乗ったり大人と絡みあっていた。 他の仲間のやんち...

身体と向き合うこと

昨日唇にヘルペスができた! 一昨日は口内炎もできた! わーい!!! ..... 私にとっては、喜ばしいのだ! なぜか? それは今週の忙しさを振り替える必要がある。今...