バンクーバーで暮らした2年で私が出会ったものたち

前回『バンクーバーのコワーキングスペース』という記事を、Frog Advent Calendar 2016への参加記事として書きました。

書いていたら思っていた以上に楽しくなってしまって、「バンクーバーで暮らしてきた2年で出会った素敵なものや面白いものを、一言コメントと写真でひたすら紹介してみたい」と思い立ったので、6日目担当としてもう一つ参加記事を書くことに(笑)

バンクーバーの魅力が少しでもお届けできたら嬉しいです!

スタートアップ&テック界隈のイベントがわかる写真

シリコンバレーに比べたら物足りなさはあるかもしれませんが、バンクーバーのスタートアップやテック界隈のイベントも結構刺激的で面白いですよ!

Startup Weekend Vancouver 2014のファイナルピッチ。このようなハッカソンは大いに盛り上がります。

でもハッカソン後のパーティはもっと盛り上がる!運営スタッフたちと打ち上げで、ビール片手に巨大ジェンガで遊んだのは良い思い出。これはもう、もはやオブジェですね。

ちなみにスタートアップ向けのミートアップは、大きめのものだと音楽ガンガンのクラブで行われることもあるし、

Science Worldという科学博物館で行われることもある!なんていう遊び心。

大手IT企業のオフィスもしばしばミートアップの会場になります。写真は休日のHootsuiteですが、この時は女性向けのプログラミング講座に参加していました。

ちなみに私が働いていた企業ではイベントも盛ん。特にハロウィンとクリスマスの受付周りは装飾に気合が入ります!

他にはポットラックランチと呼ばれるランチ会もよくあり、各々が食べ物や飲み物を一品持ち寄って一緒に食べたりしてました。このポットラックランチのシビアなところは、減り具合でその人の料理の腕がわかってしまうこと。あまり減らなかったりすると寂しい思いをします(笑)

食べ物の豪快さとカロリーの高さがわかる写真

バンクーバーの食べ物全てが豪快とは言えませんし、ヘルシーな料理や可愛らしいスイーツなんかももちろん食べられるのですが、せっかくだから日本と違うものをお見せしようかと。

まずはスーパー。写真に写っているラズベリーの大きなパックや、アボカドがいくつも入った袋を見るとわかるように、基本的に日本みたいな可愛らしい買い方はしません。ショッピングカートがいっぱいいっぱいになるくらい品物を詰め込んで、一週間分まとめ買いするスタイルです。

フィッシュ&チップスといえばイギリスですが、ここでも港付近でお腹いっぱい食べることができます。(むしろ一回の食事では食べきれません。)

カナダの象徴的な食べ物といえば、フレンチフライにたっぷりグレービーソースをかけた「プーティン」。こちらはさらに目玉焼きまで乗っかっちゃってますね(笑)友人と4人がかりで食べきりました・・・。

でもまだ驚くなかれ。お祭りで食べるものにはもっと驚きがいっぱいなんです!まさかの「スイーツの揚げ物」にも出くわすことでしょう。オレオやチョコレートバー、チーズケーキだって、衣をつけて油に放り込んでしまいますし、

ドーナッツを頼もうものなら、大串にミニドーナッツががっつり刺さったものを渡されちゃいます。

そして極めつけはこれ。右側に写っている肉の塊が見えるでしょうか。お肉をひっくり返すお姉さんも大変そうでした・・・。

これだけ高カロリーなものが溢れているバンクーバー。気をつけていないとすぐに太っちゃいます!かくいう私も10kg以上太ってしまったのはナイショです(苦笑)

ダウンタウンの雰囲気がわかる写真

バンクーバーで一番人が行き交っている場所といえば、やっぱりダウンタウン。ダウンタウンはグラスシティと言われることもあるくらい、ガラス張りのビルがたくさん立ち並んでいます。

ダウンタウンを歩いていてふと上を見上げると、こんな感じでガラス張りのビルがどーんと建っています。オフィスビルやコンドは今も続々と建設中。

夜の雰囲気は少し横浜のみなとみらいに似ているかも。水辺で見ると結構ロマンチックです。

ダウンタウンにも観光名所はいくつかあるのですが、個人的に一番ぐっと来たのは公立図書館。円形になっていて、外から見るとまるでコロシアムのように見えます!

あとはVancouver Symphony Orchestraのコンサートホールも荘厳な感じで素敵ですね。コンサートチケットもそんなに高くないので、ぜひお試しあれ!

こちらのヴィクトリアズ・シークレットは男性からすると入りにくい場所ですが、女性からすると宝箱の中に入り込んだように感じるのではないでしょうか。下着はもちろんのこと、部屋着や化粧品も可愛いものが盛り沢山です。

ダウンタウンを歩いていると、時折カラフルにペイントされたピアノに出くわすことがあります。このピアノは自由に弾いてよいことになっているのですが、ブランクのある私は弾く勇気がまだありません(苦笑)

クリスマスシーズンになれば街のあちこちにイルミネーションが見られるようになります。こちらは病院ですが、どこよりもイルミネーションに気合が入っているという(笑)

こちらもクリスマスシーズンの名物、クリスマスマーケット。毎年可愛らしいクリスマスグッズが並び、いつ行っても賑わっています!ここでホットワインを飲みながら歩き回るのが毎年の楽しみです。

自然の豊かさがわかる写真

さてさて都会的なバンクーバーも好きですが、本当にお見せしたいのは自然の豊かさ!私がバンクーバーに永住しようと思ったのは、街から少し車を走らせれば豊かな自然に触れることができる、この環境があったからといっても過言ではありません。

グラウスマウンテンの頂上から見えるどこまでも続く広い広い空や海は、開放感たっぷりでぼーっとしたくなりますし、

奥に山が見えるちょっぴり不思議な色の川辺や、

湖を横切る橋を歩くのは、しっとりとした気持ちになってとても心地よいものです。

公園の中では、メトロタウンのセントラルパークが一番好き。緑のトンネルを通っていると、ちょこちょこ走り回るリスを見かけられて笑顔が溢れる、この上なくリラックスできる場所です。

普段テック業界の目まぐるしいスピードの中で仕事をしているからこそ、こういう自然にすぐアクセスできるバンクーバーの環境は、私にとってベストだと思っています。

最後に

ガイドブックで見ることができるような写真は極力省き、ここで暮らしている私ならではの写真をなるべく載せたつもりですが、いかがでしたでしょうか?

記事の長さと画像の重さを考慮した結果写真をだいぶ絞ってしまいましたが、本当はまだまだ山のように写真があるんです(笑)それくらい魅力たっぷりのバンクーバーに、ぜひ遊びに来てください!


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

5

笠井枝理依

バンクーバーらいふ

2014年11月にバンクーバーに移住した著者エリーの、日々の生活や出来事について書いたノートを集めているマガジンです。ウクライナ人である夫との結婚生活での発見や、ビザ&移住について、バンクーバーのグルメやイベント等について書いていく予定なので、興味がある方はぜひ読んでみてく...
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。